緘黙・新春インタビュー 2017

2017年01月01日(日曜日)

アイキャッチ画像。
お多福場面緘黙症Journalをご覧の皆様、明けましておめでとうございます!鶏田鶏子です(猿田猿子改め)。「にわとりだ にわとりこ」と呼びます!今年も、場面緘黙症Journal の富条編集長へのインタビューからスタートです。

お多福なんと、今回のインタビューには「ノベルゲーム風版」という謎バージョンがあります!興味のある方は、下のリンクをクリックしてみてください。

↓ 環境によってはいきなり音楽が再生されるのでご注意!従来型携帯電話や古いブラウザでは動作しません。ごめんなさい。
◇ 新春インタビュー・ノベルゲーム風版 (新しいウィンドウで開く

お多福それでは富条編集長!よろしくお願いします。


若侍よろしくお願いします。いきなりですが、何ですか、その「富条編集長」って。


お多福○ かんもくグループ 世話人
○ かんもくネット 代表
 ○ かんもくの会 代表
 ○ 信州かんもく相談室 代表
 ○ つぼみの会 代表
 ○ 日本緘黙研究会 会長
 ○ 北海道かんもくセミナー 事務局代表(五十音順)

に富条さんが対抗してほしいと思い、「編集長」という肩書きをつけさせていただきました。Journal なんだから、代表とかよりも編集長でしょう。

若侍対抗って……何分かんないこと言ってんですか!そんな呼び方しないでください!各団体・グループを代表する皆様、ごめんなさい!

肩書きについて


若侍それにしても、肩書きに注目するとは鶏子さん、変わってますね。「代表」が多いですが、「世話人」「会長」もあります。

お多福昨年、日本緘黙研究会さんのホームページができましたが、会を代表する方の肩書きが、緘黙関係ではよくある「代表」ではなく「会長」だったので、お~っ珍しい!と思いました。そこで、肩書きに注目して調べてみたんです。

お多福代表者の肩書きから、その団体・グループのありようや組織としての考え方が垣間見えるような気がします。例えば、「総裁」はありませんよね。それから、「~の会」だけど、「会長」ではなく「代表」を名乗ってたり。これにはきっと理由があるんですよ。

若侍海外の緘黙支援団体の肩書きも面白いですよ。英語圏では founder(創設者)というのを見かけることがあり、その方が代表する立場を兼ねていることがありますね。役員だと、coordinater(コーディネーター)なんてのも見たことがあります。

「緘黙」がビッグワードに?


お多福ところで最近、検索エンジンで「緘黙」と検索したときの、場面緘黙症Journal の順位が気になっています。昔はYahoo!Japan で「緘黙」と検索したら1位だったのに、新手のサイトがどんどん追い抜いていきました。特に最近は、育児サイトなど、緘黙専門サイトではないものが上位表示されることが増えてきたと感じています。どうしたことでしょう。

若侍「緘黙」という言葉がビッグワードになりつつあることの現われかもしれません。

お多福ビッグワード?何ですか、それ。


若侍ネット上で多くの人が検索するキーワードのことです。こうしたキーワードは、得てして検索結果に数多くのページがヒットします。例えば、「発達障害」というキーワードは多くの人が検索しています。ですが、その分発達障害に関するページも、検索すると数多くヒットします。ビッグワードに関連するホームページやブログを作って検索エンジン上位に表示させるのは難しいんですよ。

お多福ははあ。ということは……


○ 場面緘黙症の認知度が上がる

○ 「緘黙」とネット検索する人が増える・緘黙に関するホームページも増える

○ 「緘黙」で検索結果上位に表示させることが難しくなる

若侍それだけ、緘黙が知られつつあるということなのかもしれません。もっとも、それ以外のことが原因かもしれませんが。単にうちのサイトが信頼されていないからとか……。


緘黙とゲーム作成ツールの可能性を探る


お多福ところで最近の富条さんって、ゲーム作成ツールを使って色々してらっしゃいますね。「緘黙RPG」「緘黙の階層表」はWOLF RPGエディター、「新緘黙検定」はティラノビルダーで作ったものでした。場面緘黙症Journal 内にも、ひっそりゲーム作成ツールで作ったものを埋め込んでます。ゲーム好きだったんですか?

若侍10年も緘黙のブログを書き続けると、慢性的なネタ切れになるんです。それで、苦し紛れに変わったものに手を出してしまったんでしょうね。ゲームは子どもの頃によく遊びましたが。

若侍ただ、緘黙とゲームという組み合わせは、日本では緘黙の当事者・経験者・保護者らは、おそらく全く手をつけてなかった分野です。緘黙と動画や、緘黙とウェブ漫画はあっても、緘黙とゲームはありませんでした。この未踏の分野を切り開き、その可能性を探る。私にとってはとても面白いことです。

お多福(未踏の分野って、大げさな)私は周りの人と同じことをするのを好む典型的な日本人なのですが、富条さんはちょっと違うようですね。

若侍これも、学校で話せなかった経験が影響していると思います。周りの同級生と同じようになれなかったことから、自分独自の考え方や行動傾向を身につけるようになりました。

お多福独自の道を貫くあまり、富条さんが周りから「変なおじさん」と見られていないか心配です。そういえば、YouTube に緘黙の動画を日本で初めて公開したのも、富条さんでした。

若侍ただ、本当は私よりもゲーム作成ツールをもっとうまく使いこなせる方が、緘黙の当事者、経験者にはいらっしゃるんじゃないかと思います。あるいは、プログラミングがお得意で、富条よりもうまくできるとか。そうした方の作品は見てみたいです。

お多福私は特に緘黙RPGが大好きです!突っ込みどころがたくさんあって!

○ 小学4年生が「青銅の剣」「鋼鉄の剣」を振り回す
○ 物価が異常、肉まんが1個300万円もしたり、校庭に1,000万円前後がゴロゴロ落ちてたり
○ 姉の名前がアーデルハイトなのに、父の名前は権左衛門
○ ホッカイドーがアオモリの西にある

若侍ありがとうございます。って、褒められてるのかな?


干支1周が近づく!


お多福さて、私・鶏田鶏子は、2007年元旦に猪田猪子という名前で初登場し、新年が来るたびに鼠田鼠子、牛田牛子、虎田虎子……と改名を重ねてきました。干支1周が近づいています。1周できるよう、今年も場面緘黙症Journal の更新を続けてくださいね、編集長!

若侍だから、その編集長って呼び方、やめて!


※今年もよろしくお願いいたします。