新しい本『学校における場面緘黙への対応』が出ます

2017年01月25日(水曜日)


専門家による新しい場面緘黙症の本が刊行されることが明らかになりました。Amazon.co.jp に書籍情報があります。

↓ 予約注文できます。Amazon.co.jp アソシエイトリンクです。
◇ 高木潤野『学校における場面緘黙への対応-合理的配慮から支援計画作成まで』学苑社 (新しいウィンドウで開く

発売予定日ですが、Amazon.co.jp には2017年3月1日とあります。

[追記(2017年2月25日)]

Amazon.co.jp によると、発売日が3月2日に延期されました。


著者の高木潤野氏は、長野大学准教授です。緘黙に関しては、信州かんもく相談室代表、日本緘黙研究会事務局長を務めています。緘黙の講演などでよく講師をされているので、この先生のお話を聞いたことがあるという方もいらっしゃるだろうと思います。高木氏は数多くの緘黙事例に関わってきたほか、緘黙に関する研究発表も行っています。

学苑社は、特別支援教育、社会福祉、心理などの本を出版している会社です。緘黙関係の本も多数出版してきました。『場面緘黙Q&A』『なっちゃんの声』『どうして声が出ないの?マンガでわかる場面緘黙』『先生とできる場面緘黙の子どもの支援』『親子でできる引っ込み思案な子どもの支援』は、学苑社によるものです。

近年、緘黙を主題とした和書が毎年のように出版されてきました。ですが、それらは、経験者や保護者が主要な著者だったり、海外の専門家が書いた本の翻訳書だったりしたものが中心でした。日本の専門家のみの手による本は、1994年に出版された『場面緘黙児の心理と指導』以来、20年以上にわたって出ていませんでした。しかも、『心理と指導』は実質1989年に書かれたもので(著者死去のため出版が遅れた)、30年近く前の本とも言えます。今回は、その『心理と指導』以来の、専門家の和書となります。

なお、今年中には、モリナガアメさんの緘黙実録漫画も書籍化される予定だそうです。こちらの出版社は、『私はかんもくガール』の合同出版です。