十代以上の緘黙への支援法、洋書で扱われ始める

2017年02月08日(水曜日)

アイキャッチ画像。
場面緘黙症の支援法を示した本は、低年齢の緘黙を想定したものが多いです。十代以上の緘黙については、言及があってもわずかだったりします。[注]

ところが、英語圏ではこの状況に変化の兆しが見えます。

十代向けの認知行動療法が80ページ


2016年12月に出たばかりの The Selective Mutism Treatment Guide 第2版では、十代や年齢が上の子を対象とした、認知行動療法の章が新設されました。そのページ数は80ページに及び、全256ページのうち、およそ3分の1を占めます。

この本の初版は北米などでそこそこ好評だったようです。著者の Ruth Perednik 氏は、緘黙治療を20年にわたって専門にしてきたイスラエル在住の心理学者です。

[追記(2017年2月9日)]

著者に関して誤った記述があったため、修正しました。


なお、私は第2版を今のところ「積読」にしている状態で、まだ流し読みしかしていません。精読し終えたら、読んだ感想のようなものをこのブログで書くかもしれません。



英国で緘黙治療のバイブルと呼ばれた本の第2版


それから、2016年10月にこれまた第2版が出たイギリスの本 The Selective Mutism Resource Manual にも、思春期や青年期、成人期の緘黙者への支援についての内容が新たに盛り込まれました。先ほどのイスラエルの本のような80ページほどの分量はありませんが、従来の本に比べると踏み込んでいます。

以前お話しましたが、私はこの本を読んでいる最中です(読むの遅い……)。この本は、質量ともにかなりの内容です。初版は、イギリスでは緘黙治療のバイブルとも呼ばれていたそうですが、第2版もそのような扱いを受けても不思議ではありません。著者の Maggie Johson 氏と Alison Wintgens 氏は言語聴覚士で、イギリスの緘黙支援では有名な方のようです。

The Selective Mutism Resource Manual
Maggie Johnson Alison Wintgens
Speechmark Publishing Ltd


英米では影響がありそう


どちらの本も初版が好評を得ており、第2版の内容も、英米では影響がありそうです。

十代以上の緘黙への支援は、これまで比較的語られてこなかった分野です。読んだ内容を、何らかのかたちでこのサイトで生かすことができればと思います。