殺害された緘黙児の葬儀、多数の英メディアが報じる

2017年02月14日(火曜日)

アイキャッチ画像。

7歳の少女


イギリスで先月、場面緘黙症だったケイティー・ラフ(Katie Rough)さんという7歳の少女が事件に巻き込まれ、亡くなったことを覚えていらっしゃるでしょうか。

↓ その時に書いた記事です。
◇ 英国で緘黙児が殺害される (新しいウィンドウで開く

ケイティーさんの遺族は、イギリスの緘黙支援団体 SMIRA のメンバーでした。[注] 逮捕されたのは15歳の少女で、犯行の動機などはまだ明らかになっていません。

以前お話したように、事件は現地のメディアで大きく取り上げられました。イギリス議会でも話題になり、メイ首相とコービン労働党党首が、哀悼の意を表す場面がありました。

ただし、この時にケイティーさんが緘黙だったことに触れたメディアは、私が見たところ確認できませんでした。遺族や複数の緘黙関係者が、ケイティーさんに緘黙があったことを打ち明けたため、明らかになったのでした。

葬儀が行なわれる


さて、そのケイティーさんの葬儀が13日、ヨークミンスター(ヨーク大聖堂)で執り行われました。この模様も、イギリスの多数のメディアが報じています。その一部として、BBC と高級紙 The Guardian をご紹介したいと思います。

↓ BBC News へのリンクです。
◇ Katie Rough funeral: Service at York Minster (新しいウィンドウで開く

↓ The Guardian ウェブサイトへのリンクです。
◇ Funeral of seven-year-old Katie Rough led by archbishop of York (新しいウィンドウで開く

今回の記事では "Katie had selective mutism" (BBC) 、"Despite being affected by selective mutism, Katie “still loved to join in and ...”" (The Guardian) と、ケイティーさんが緘黙だったことが少し触れられています。なお、緘黙は英語で selective mutism と呼びます。

また、BBC の記事によると、遺族はこの日集まった寄付金を、緘黙支援団体 SMIRA に贈与することを望んだようです。

葬儀が行なわれたヨークミンスター(ヨーク大聖堂)は、『デジタル大辞泉』によると、13~15世紀に建築された、イギリス最大のゴシック式大聖堂です。また、葬儀を主導したジョン・センタム・ヨーク大主教(John Sentamu, Archbishop of York)は、『世界の観光地名がわかる事典』によると、イギリス国教会ではカンタベリー大主教に次ぐ高位聖職者だそうです。

The Guardian によると、ケイティーさんは生前この大聖堂の常連で、ここで洗礼を行ったとのこと。大主教も、彼女のことを覚えているそうです。こうした縁で、イギリスでも最高クラスに格式の高い大聖堂で、高名な宗教指導者のもと葬儀が催されたのでしょう。


世界中からメッセージが


葬儀に先立ち、遺族の方が、ケイティーさんに寄せられたメッセージを載せたフォトムービーを公開しています。

↓ イギリスの民間放送局 ITV のウェブサイトへのリンクです。その動画を見ることができます(ページ下部)。
◇ Family of Katie Rough, 7, release video ahead of funeral (新しいウィンドウで開く

その動画で見られるメッセージは、イギリス国内はもとより、アイルランド、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、スウェーデン、オランダ、キプロス、南アフリカなど世界中から寄せられたものです。


海の向こうでは、こんな大きなことが


海の向こうでは、緘黙の当事者にこんな大きなことがあったということを、お伝えしたいと思います。

なお、アメリカを代表する緘黙支援団体 Selective Mutism Association(Selective Mutism Group から改称)が、今回の葬儀のニュースを Twitter で取り上げ、関心のほどを窺わせています。

↓ Twitter に登録されていない方でもご覧になれます。アメリカは日本ほど Twitter が盛んでないせいか、反響はありませんが……。
◇ Selective Mutism Association の Twitter 投稿 (新しいウィンドウで開く