新刊『かんもくって 何なの!?』予約始まる

2017年02月17日(金曜日)

アイキャッチ画像。
[追記(2017年4月25日)]

書名を修正しています。『かんもくって 何なの!?-しゃべれない日々を脱け出た私-』です。


[追記(2017年4月20日)]

予定されていた書名がさらに改められ、『かんもくって 何なの!?-しゃべれない日々を脱け出た私の道のり-』となりました。また、発売予定日が5月10日になりました。これに伴い、この記事の内容も一部修正しています。


[追記(2017年3月1日)]

予定されていた書名が『なんだか生きづらいと思ったら場面緘黙だった-しゃべれない日々を抜け出た私の道のり』と改められました。これに伴い、この記事も改題しています。


[追記(2017年2月20日)]

Amazon.co.jp の情報が改められ、解説者に加藤哲文氏の名前が挙げられています。加藤氏は上越教育大学教授。日本緘黙研究会会長。

↓ researchmap へのリンク。
◇ 加藤哲文氏に関する詳しい情報 (新しいウィンドウで開く


モリナガアメさんの緘黙実録漫画の新刊情報が、Amazon.co.jp などのインターネット書籍販売サイトで公開されました。目次など詳しい情報が掲載されています。併せて、予約注文も開始されています。発売日は5月10日だそうです。




モリナガアメさんは、場面緘黙症を経験された方です。2015年9月から2016年11月にかけて、pixiv というイラストコミュニケーションサービスで実録漫画『かんもく少女が同人BL漫画を描いて人生救われる話』を連載されていました。この漫画は連載開始当初から大きな反響を呼び、2016年11月には書籍化が決定したことが、モリナガアメさんより発表されていました。

↓ モリナガアメさんのブログ。緘黙の漫画がブログ形式で読めます。
◇ 元かんもく少女は考える。 (新しいウィンドウで開く

↓ pixiv のモリナガアメさんのページ。こちらが本家なのかな。
◇ モリナガアメさんのプロフィール (新しいウィンドウで開く

その後、この漫画は pixiv で大きく取り上げられ、第1話のページビュー数は現在12万件近くに上っています。もともと緘黙を知らなかった方の感想が Twitter で多数投稿されるなどしていることから、この漫画は緘黙の認知拡大にも大きな影響を与えていそうです。

↓ 「緘黙関連ニュース」へのリンク。
◇ モリナガアメさんの緘黙漫画、pixivで大きく取り上げられる (新しいウィンドウで開く

* * * * * * * * * *

なお、3月1日には、学苑社より『学校における場面緘黙への対応-合理的配慮から支援計画作成まで』という、これまた別の緘黙の本が発売される予定です。

[追記(2017年2月25日)]

Amazon.co.jp によると、発売日が3月2日に延期されました。


こちらの著者は、長野大学准教授の高木潤野氏です。著者が代表を務める「信州かんもく相談室」のブログによると、この本は「主な読者として学校の先生を想定しています」「もちろん、それ以外の方が読んでも場面緘黙の理解には役立てていただけると思います」とのことで、モリナガアメさんの本とはまた違うタイプの本のようです。

↓ 「信州かんもく相談室」ブログへのリンク。
◇ 「学校における場面緘黙への対応:合理的配慮から支援計画作成まで」 (新しいウィンドウで開く