私がブログを綴る理由

2006年08月05日(土曜日)

私は場面緘黙症になってから、他人の評価をやたらと気にするようになってしまいました。

特に自分が否定されることに対する不安が強く、このため人と接すること、集団の中に入ることに極端に消極的になってしまいます。

これは、私だけでしょうか?場面緘黙症の発症歴がある人で、同じような経験をした人は他にいないのでしょうか?なんだか社会不安障害(社会恐怖)の症状と似ているような…。いや、単に私が気が小さいだけなのかもしれませんが。

もし同じような問題で悩んでいる緘黙児・元緘黙児がたくさんいれば、心配です。こうした人たちは、自分から支援を求めることができないのではないかと思われます。ネットの場合、掲示板やブログにコメントすることができない緘黙児・元緘黙児もいるかもしれません。

■ 他人の評価を気にする私がブログを…

私が他人の評価が気になるというと、不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

そんなに人の目が気になるというのなら、どうしてブログを書いているのかと。ブログで何百人、何千人もの人々に文章を公開するなど、考えようによってはこれほど恥ずかしいことはありません。しかも、ブログは書いた記事に対する評価がコメントとしてはっきり現れ、いつまでも残ります。

私は他人の評価を気にするがゆえに、ブログを書いているのかもしれません。人の目ばかり気にする自分を変えたいといったところでしょうか。

* * * * * * * * * *

■ 最初は誰も見ないようなホームページ作りから始めた

私が最初にホームページを作ったのは、6年前のことです。自分を変えたいという思いもあってサイトを立ち上げました。

とはいえ、サイトの内容は、関心を持つ人が少なさそうな、かなりマイナーなものでした。多くの人が見るかもしれないようなジャンルは控えました。人から評価されることが耐えられなかったので、掲示板は設置しませんでした。ただ、連絡先としてメールアドレスだけは公開していました。

そうしたところ、ある日1通のメールをいただき、掲示板を設置してはどうかという話になったので、自分に対する挑戦の意味で掲示板を作ってみることにしました。掲示板の運営は心臓に悪かったのですが、なんとかほそぼそと継続することができました。

■ その後もサイトを立ち上げたが…

その後もいくつかサイトやブログを立ち上げたのですが、多くの人に見られるのが怖かったので、一部の人にしか分からないようにひっそりとやっていました。検索エンジンにクロールされないように工夫したりもしていました。

その後、もう一歩頑張って、アクセス数がたくさん得られるようなブログを作って広告収入でもうけてやろうと、がめついことを考えるようになりました。そうして立ち上げたのが現在のブログ4つです。

■ 人様のサイトに書き込むのは苦手

いまや、自分のブログやコメント、掲示板に投稿することにすっかり慣れてしまいました。しかし、ここ以外の他のサイトにコメントを投稿しろと言われると、不安になります。自分の書いたことがどう評価されるだろうか、否定されたらどうしようなどと考えてしまうのです。困った内弁慶です。

■ 同じような緘黙児・元緘黙児はいるのか

こういう緘黙児・元緘黙児が、私だけならいいのですが。単に私が小心者なだけなら問題ないのですが。

掲示板やブログにコメントしたいけれどもできない、あるいはホームページを作って自分の緘黙の体験を綴りたいけどできないという緘黙児や元緘黙児、どれだけいるのでしょうか。

ネット上の付き合いができないというだけならまだしも、スクールカウンセラーのところに相談に行けないとか、電話相談ができないとかいう状況になると、心配です。本当に支援が必要なのは、こういう自分から相談もできない子どもたちではないかとも思います。それだけに、保護者の役割は重要になってくると思います。

場面緘黙児のおよそ90%は社会不安障害(社会恐怖)を合併していると言われているだけに、考えてしまいます。

人気blogランキングへ