緘黙の研究が、今年度も科研費に採択

2017年04月29日(土曜日)

アイキャッチ画像。

緘黙の研究に、3度目の科研費採択


今年度から始まる、ある場面緘黙症の研究に、科研費(学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金)が交付されることが明らかになりました。

↓ 国立情報学研究所のサービス KAKEN へのリンクです。
◇ 場面緘黙児・者のセルフ・エフィカシーが治療への参加意欲に及ぼす影響 (新しいウィンドウで開く

なお、タイトルにある「セリフ・エフィカシー」ですが、これは「自己効力感」とも呼ばれるものです。

緘黙を主題とした研究に科研費が交付されたのは2年連続3度目のことです。緘黙の研究史は古いですが、科研費が交付されたのはいずれも2010年度以降です。

↓ 2016年度より継続中の研究。KAKEN へのリンクです。
◇ 選択性緘黙児童生徒の多様な状態像の解明と個に応じた支援方法の検討 (新しいウィンドウで開く

↓ 2010-2012年度に行なわれた研究。KAKEN へのリンクです。
◇ 選択性緘黙の内的世界の探究と治療教育的アプローチの開発 (新しいウィンドウで開くhttps://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-16H03808/


科研費とは


科研費の事業は、文部科学省と、その外郭団体である独立行政法人日本学術振興会が行なっています。助成対象の研究は、人文・社会科学から自然科学まで全ての分野にわたります。その規模は、平成28年度予算額で2,273億円、助成額は2,343億円です。応募件数は平成27年度で約10万7千件で、このうち約3万件が採択されています。

科研費の交付を受けるには、申請を行なった上で、審査に通らなければなりません。審査は、第1段の書面審査と第2段の合議審査からなります。今回の緘黙の研究も、審査に通ったということになります。

科研費には研究種目という区分があり、「特別推進研究」「基盤研究」「若手研究」「新学術領域研究」「挑戦的萌芽研究」等からなります。今回採択された緘黙の研究は「若手研究(B)」です。「若手研究」は39歳以下の若手研究者の自立支援を行うもので、研究期間と研究費総額によってS、A、Bのいずれかの区分に分類されます(ただし、Sの区分への新規募集は現在行なわれていません)。