7月にまた新刊が出ます『場面緘黙支援の最前線』

2017年05月22日(月曜日)

アイキャッチ画像。

緘黙の本がまた出る


場面緘黙症の新しい本が、またしても出ることが明らかになりました。『場面緘黙支援の最前線-家族と支援者の連携をめざして-』という本です。Amazon.co.jp に書籍情報があります。

↓ 予約注文できます。Amazon.co.jp アソシエイトリンクです。
◇ 場面緘黙支援の最前線-家族と支援者の連携をめざして- (新しいウィンドウで開く

Amazon.co.jp によると、本の基本情報は次の通りです。

○ 著者:ベニータ・レイ・スミス、アリス・スルーキン
○ 序文:ジーン・グロス
○ 翻訳:かんもくネット
○ 出版社:学苑社
○ 発売予定日:2017年7月1日

一部情報を修正しました。(2017年5月24日)


英国の本 Tackling Selective Mutism の翻訳書か(違ったらごめん)


[追記(2017年5月24日)]

学苑社ホームページに情報が公開されました。目次もあります。

↓ 学苑社ホームページへのリンクです。
◇ 場面緘黙支援の最前線 (新しいウィンドウで開く


[追記(2017年5月23日)]

Amazon.co.jp の情報が更新されました。やはり、Tackling Selective Mutism の翻訳書だそうです。


まだ発売前で情報があまり公開されておらず、これがどういう本なのかは私にもよく分かりません。ですが、著者の顔ぶれから推測するに、これはイギリスの本 Tackling Selective Mutism: A Guide for Professionals and Parents の翻訳書かもしれないと思います(間違っていたらごめんなさい)。

Tackling Selective Mutism は、緘黙について様々な角度から総括的に書いた本です。著者が多数いて、章によって著者が異なります。イギリスの本の翻訳書といえば『場面緘黙へのアプローチ-家庭と学校での取り組み-』という DVD 付きの青い本がありますが、その点、あの本と似たところがあります。

Tackling Selective Mutism については、場面緘黙症Journal でも取り上げたことがあります。詳しくお知りになりたい方は、こちらをご覧ください。

◇ 英国から新たに出た、緘黙の本 (新しいウィンドウで開く

ちょっとイギリス色が強い章も中にはあるのですが、全体として既存の日本の本にはないことも書かれてありますし、日本でも関心の高い緘黙と吃音の異同や、大人の緘黙についても少しではありますが触れています。緘黙の若者やその親の声を集めた研究などは、なかなか興味深いです。

本がどういうかたちになるのかは分かりませんが、注目したいと思います。