『少女邂逅』緘黙経験者の実体験を元にした映画が、公開予定か

2017年05月29日(月曜日)

アイキャッチ画像。
※ 画像は映画とは関係ありませんが、ロケ地は群馬県高崎市だったようです。

主人公は場面緘黙症という設定


場面緘黙症を経験したという若手映画監督が指揮する映画『少女邂逅』が、この夏に公開されます。監督の実体験を元にした作品で、主人公の少女は場面緘黙症という設定です。といっても、緘黙をテーマとしたストーリーではないかもしれませんが、ご紹介したいと思います。

↓ クラウドファンディングサイト「Motion Gallery」へのリンクです。ページ中段「本作を製作するにあたって 枝優花より」をご覧ください。緘黙について書かれてあります。携帯端末の方は、「もっと読む」をクリックしてみてください。

※ 弱冠23歳の枝優花監督×音楽・水本夏絵による初長編映画『少女邂逅』保紫萌香とモトーラ世理奈を主演に5月クランクイン!
新しいウィンドウで開く

これは大きなことです。緘黙を経験した方が優秀な若手映画監督で、その方の実体験を元にした映画が上映予定で、さらにこの上映のためにクラウドで90人近くの人から約100万円もの資金が集まっているのです。

ただ、上の記事では、緘黙は「極端な精神的ストレスを負うことで声が出なくなる症状」と説明されています。映画では、いじめが原因となるそうです。この説明だけを読むと、これは緘黙ではなく、何か別の症状の可能性も捨てきれないと、私には思えます。

ですが、「自分が安心できる場所だと声は出る」とも書かれており、これは緘黙を思わせます。また、何より監督自身が緘黙だとおっしゃっています。このあたりのところは、完成した映画を観てみなければ判断できません。

どちらにしろ、監督の枝優花(えだ・ゆうか)さんがかつて声が出ず、孤独を感じていたことは確かなようで、今回の映画はその経験を元にしたストーリーになりそうです。緘黙の経験者には心に響く作品になりそうな予感もします。