放送大学の講義より

2017年06月12日(月曜日)

アイキャッチ画像。

一部、無料で一般公開されている


放送大学の過去の講義の中には、無料で一般公開されているものがあります。私のような学外の人間でも簡単に聴講できるようになっています。

私は最近聴講を始めたのですが、これがなかなか面白く感じました。場面緘黙症と関係がありそうな科目も見つけました。次の2科目です。

認知行動療法


緘黙に有効な治療法の一つと思われる、認知行動療法の科目です。これはテレビ授業科目で、第1回放送分のみ一般公開されています。2014年度に開講されたもので、主任講師は下山晴彦氏(東京大学大学院教授)と神村栄一氏(新潟大学教授)でした。

第1回放送分「認知行動療法とは何か—特徴と、その成り立ち」のみしか見ることができないのが惜しいのですが、認知行動療法のあらましをつかむことはある程度できるかもしれません。講義らしい堅苦しさも薄めなので、聴講しやすいです。ただし、大学の講義なのにいきなりドラマから始まるので、驚かれる方もいらっしゃるかもしれません。


精神医学特論


これはラジオ授業科目で、全15回が一般公開されています。2016年度に開講されたもので、主任講師は石丸昌彦氏(放送大学教授)と広瀬宏之氏(横須賀市療育相談センター所長)でした。

緘黙と関係があるのは、第9回「発達障害、小児期の心身症と精神疾患」です。この回では、「選択性緘黙」の説明がなされています。33分45秒から34分8秒までの23秒間ほどです。この通り、緘黙については概略をさらりと説明した程度です。この科目全体では、統合失調症のお話が多いです。


聴講方法


一般公開されている講義を見たり聴いたりするには、インターネットに接続できる環境があればよいです。具体的には、次の方法をとります。

○ パソコンの場合、放送大学「オープンコースウェア」ホームページにアクセス

○ 携帯端末の場合、放送大学のアプリをインストール

なお、認知行動療法の講義は見つけにくいです。1回分のみ公開の講義はたくさんあるので。私がインストールした Android 用アプリの場合、「一般の方はこちら」⇒「テレビ」⇒「授業科目一覧(1回分のみ公開)」⇒「066 認知行動療法('14)1528963p」の順で聴講できました。


緘黙が長期化すると、発達課題の達成に支障が出るか


ところで、精神医学特論の中で、石丸教授が「発達課題」のお話を繰り返しされていたのが私には印象に残りました。青年期に発症する統合失調症の患者さんには、その障害ゆえに「発達課題」を達成できない方もいらっしゃるというお話です。

「発達課題」とは何でしょうか。私は専門家ではないので詳しくはなく、説明は下記ページに委ねます。

↓ コトバンクへのリンク。
◇ 発達課題 | ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説 (新しいウィンドウで開く

↓ goo ヘルスケアへのリンク。
◇ 心理学用語「E.H.エリクソンの発達課題」Developmental Task (新しいウィンドウで開く

↓ 「津市まん中こども館」ホームページへのリンク。
◇ 子どもの発達課題に応じた支援 (新しいウィンドウで開く

↓ 文部科学省ホームページへのリンク。ある懇談会の配布資料。
◇ 各発達段階における子どもの成育をめぐる課題等について (新しいウィンドウで開く

このあたり、緘黙についてはどうなのだろうと私は思いました。先日多くのアクセスを集めたアメブロ公式トップブロガー・タマ タマヨさんのお子さんのように、小学1年生のうちに緘黙が克服の方向に向かえばさほど心配はないかもしれません。ですが、長引けば、発達課題の達成に支障が出るようなことはないのでしょうか。特に、対人関係にかかわる課題の達成が難しいのではないかと思います。

ところが、「発達課題」という視点から緘黙について専門家が論じているのを、読んだ覚えがちょっとありません。よく探せばひょっとしたらあるのかもしれませんが、量は少ないだろうと思います。緘黙と発達課題がどうこうというのは、発達心理学等に詳しくない私の考えすぎなのでしょうか。

緘黙というと、ゆっくりでもいいから自分のペースで歩めばよいという論調が強いと感じます。もしかしたら、発達課題がどうこうとは言われないのは、このあたりが関係しているのかもしれないと思います。

蛇足までに私の経験をお話しすると、緘黙の影響で周りの人と同じように発達課題が達成できないと、自信や幸福感の低下につながりました。私の場合、自信や幸福感は、周りの人との比較で決まる部分も大きいです。なお、私は緘黙といっても、このことで医者にかかったことはなく、診断は受けていません。