「一般化」--緘黙は自分だけじゃない

2017年06月19日(月曜日)

アイキャッチ画像。

「わたしだけじゃないんだ」


そうなんだ (ほっ) わたしだけじゃないんだ

どうして声が出ないの?-マンガでわかる場面緘黙-』の一場面です。場面緘黙症の架空の小学生「なっちゃん」が、「子どものころ話せなかった人はたくさんいるんだよ」等々と教えられ、ほっとします(はやしみこ, 2013, pp.16-17)。

私はこれを読み、正直なところ「なっちゃん、もっと驚かないの?」と感じました。子どもの頃に話せなかった人が自分だけではなかったという事実は、私が大人の頃に初めて知ったとき、天地がひっくり返るくらいの衝撃だったからです。

ですが、よくよく考えてみると、なっちゃんの反応はもっとものように思えてきました。なっちゃんはまだ小学生です。絵本『なっちゃんの声』では1年生という設定で、『どうして声が出ないの?』でもそれと同じか、あまり変わらない年齢設定とみられます。

つまり、なっちゃんは緘黙がそこまで長期化していません。その分、緘黙に対する特別な感情のようなものは、そこまで強くはなってないのかもしれません。一方私の場合、学校などで話せない期間が10年ほど続いたため、そのことに対する思い入れが強くなりすぎてしまったのでしょう。ですが、他にも理由があるのかもしれません。


一般化


緘黙は自分だけではないという気付きについては、以前お話したイスラエルの本の中に、興味深い指摘があります。十代の緘黙児者への心理教育に関する記述の一部です(Perednik, 2017, p.173)。

一般化:十代の緘黙児者は一般に、自分が他の人と違っていて、能力に欠けると感じている。--結局のところ、彼ら彼女らは、社会的コミュニケーションを図るための基本的ツールを特定の状況で身につけてこなかったのだ。自分たちは一人ではなく、多くの人が緘黙に苦しみ、そして効果的な治療法があることを理解することは、彼ら彼女ら(とその親)にとって大きな安心になる。

Normalization: Teenagers with SM usually feel different and inadequate - after all, they have not mastered the basic tool of social communication in certain settings. It comes as a huge relief to them (and to their parents) to understand that they are not alone, that many people suffer from SM, and that it has effective treatments.

この本の著者は、緘黙が自分だけでない(我が子だけでない)と知ることを「一般化」(normalization)と呼んでいます。「一般化」(normalization)は専門用語だろうかと思って調べたところ、以前もお話した「解決志向アプローチ」にこの用語があることを知りました。ここからとったのでしょうか。

私がなるほどと思ったのは、「十代の緘黙児者は、自分が他の人と違っていて……と感じている」という部分です。十代ともなると、自分と他人の違いに敏感になってしまうものだろうと思います。そうした年齢層の人にとっては、話せないのは自分だけでないことを知ることは大きいかもしれません。

なっちゃんがあの場面で驚かなかったのは、もしかしたらなっちゃんは年齢的に、他人との違いをあまり強く意識したことがなかったことも理由の一つかもしれません。もしなっちゃんの緘黙が思春期まで続き、そのときに初めて話せないのは自分だけでなかったと知ったら、なっちゃんの反応は変わったかもしれないと思います。

色々と書きましたが、話せないのは自分だけでないことを本人に知らせるべきかは、緘黙という言葉を知らせるべきかも含めて、よく考えなければならない問題だろうと思います。