ケイティーさんの事件、加害者に深刻なメンタルヘルス上の問題

2017年07月06日(木曜日)

アイキャッチ画像。
イギリスで1月9日、場面緘黙症がある7歳の少女ケイティー・ラフ(Katie Rough)さんが殺害された事件のお話を、これまで何度かしてきました。

お伝えした通り、事件はイギリスで大きく報じられました。議会では、メイ首相とコービン労働党党首が、哀悼の意を表す場面がありました。ケイティーさんの遺族は、新刊『場面緘黙支援の最前線』でもお馴染みの緘黙支援団体 SMIRA の会員でした。

この事件で7月3日、新しい展開がありました。現地のメディアが次々に報じています。中には、ケイティーさんが緘黙だったことに触れているメディアもあります。そこで、この件についてお話したいと思います。

被告人が認めた罪と動機


7月3日は裁判の初日だったのですが、ここで被告人の16歳少女(事件当時15歳)が罪を認めたそうです。それまでは否認していました。認めた罪は、限定責任能力による manslaughter という殺意のない殺人です。

殺害の動機については、ケイティーさんがロボットかどうか試してみたかったからとのことでした。これは妄想(delusional thoughts)です。実はこの少女、事件以前から深刻なメンタルヘルス上の問題があったそうです。ケイティーさんに限らず、人間をロボットだと確信しているとのこと。他にも、メンタルヘルス上の問題や殺害との関連が疑われる少女の言動が、メディアで報じられています。

少女の正確な診断については、専門家の間では見解の一致を見なかったそうです。ある専門家の見解として、考えられる障害の名称が複数のメディアで挙がっていますが、ここでその名を挙げるのは控えます。

※ 深刻なメンタルヘルスの問題を抱える方が皆、このようなことをするわけでは、もちろんありません。極めて例外的だろうと思います。


まさか加害者に、深刻なメンタルヘルス上の問題があったとは……


私は、なぜ緘黙の当事者がこのような事件に巻き込まれなければならなかったのか、緘黙が命を落としたことと関係があるのかどうかが気になり、事件のニュースを追ってきました。ですが、まさか加害者に、深刻なメンタルヘルス上の問題があったとは……。報道されている内容が事実だとしたら、私にとってはショックです。

今回の報道で犯行の動機が明らかになったものの、なぜケイティーさんが狙われたのかまでは分かりません。ケイティーさんを狙う理由があったのか、それとも、ケイティーさんはたまたま被害に遭ったのか。このあたりのところは未解明なのでしょうか。

The TimesThe Guardian の記事にもありますが、加害者の少女に深刻なメンタルヘルス上の問題があったとなると、この少女が適切なアセスメントと治療を受けていたかどうかが問題になりそうです。もしそうでなかったとしたら、今回の事件は本来防げたはずのものが防げなかった可能性が出てきます。もちろん、必要なケアが受けられなかったのなら、少女本人にとっても不幸なことです。この少女は、もしかしたら被害者でもあったのかもしれません。

適切なアセスメントや治療を受けずに置かれたということであれば、これは緘黙にもよくありそうなことです(緘黙そのものは、今回の少女のような妄想にはつながりませんが)。また、緘黙がある人の中には、何らかのメンタルヘルス上の問題を併せ持っている人もいます。それだけに、今回の事件は何とも重苦しく感じます。