電話でロボットと会話する取り組み(英国)

2017年09月05日(火曜日)

アイキャッチ画像。

緘黙児者にとって、ロボットは人より話しやすい?


緘黙症(かんもくしょう)という、家庭の外など特定の環境で話せなくなる症例の子どもも、ロボットに対してであればどこでも積極的に会話をするようになります。ある子どものご両親は、「うちの子がこんなに楽しそうに話しているのを初めて見た」と涙を流して喜んでいました。

日本のロボット工学の第一人者である大阪大学の石黒浩教授(栄誉教授)は、インタビュー記事の中でこう語ります(石黒, 2017, p. 143)。

緘黙児者とロボットの会話について、学術的検証がどこまで進んでいるかは、不勉強なもので知りません。

ただ、ロボットと会話する取り組みについては、イギリスの緘黙治療マニュアル The selective mutism resource manual (第2版)でも示されています(Johnson and Wingtgens, 2016)。この本はイギリスの緘黙支援では定番で、今年出版されたイギリスの本の邦訳『場面緘黙支援の最前線』でも、『場面緘黙リソースマニュアル』という訳で繰り返し登場します。

そのロボットと会話する取り組みは、電話によるものです。イギリスには音声認識ソフトを使った電話案内があり、該当する電話番号にかけると、人間ではなくロボットが出るそうです。話しかけるとロボットが音声を認識し、回答をします。具体例として TrainTracker™ という、列車の運行情報の問い合わせサービスが紹介されています。

これは、電話を使った取り組みの一つとして位置づけられています。スモールステップで人と電話で会話できるようにして、最後は直接人と会話ができるように持って行く取り組みです。その中の一段階として、このロボットとの会話があります。本格的に電話で人と話をする前に、ロボットとの会話を挟むわけです(ただし、ロボットではなく留守番電話を使うなど、別の電話の方法もあります)。


ロボとの会話、緘黙支援で生かすことはできないか


このようなロボットが電話に出るサービス、日本にもあれば緘黙支援に生かせそうですが、果たして日本にはあるのでしょうか。私は知らないのですが、何しろ私は世間知らずなもので。

電話をかけると機械音声が出るというサービスは、私も何度も経験があります。ただ、それは音声認識ソフトではありません。「……の方は1を、……の方は2を押してください」というように、電話のボタンを押してこちらの意思を伝えるものです(これのおかげで、電話の会話が苦手な私は助かってはいます。緘黙児者も、これなら家から電話できるでしょう)。

日本でロボットが出る電話の存在は私は知らないのですが、人間の音声を認識して会話できるアプリは身近にあります。例えば、Siri というアプリは有名です。また、人間と会話ができるロボットも発売されています。最近はAI(人工知能)の活用が進展していることもあり、ロボットと会話できる機会はこれから少し増えていくかもしれません。会話とはやや違うかもしれませんが、AI を搭載した「スマートスピーカー」は、今話題でもあります。

こういったものを緘黙支援で役立てることはできないだろうかと思います。