11月の人気記事

2006年12月01日(金曜日)

場面緘黙症Journal は、いったいどんな記事が人気があるのでしょう。

そこで初公開!記事別アクセス数トップ10です(11/01~11/30)。集計対象は「続きを読む」がある記事のみです。

  1. そもそも「緘黙症」って何ぞや(改訂版)(06/04/12)
  2. [緘黙] 2度目の転校で緘黙症状が悪化 [ストーリー](06/11/05)
  3. 場面緘黙症と聴覚 (06/10/29)
  4. 場面緘黙児に必要な新学年への準備!(06/10/29)
  5. 保育園・幼稚園の先生方向けの資料を作りました!(06/11/15)
  6. 場面緘黙児の小説「かかしの旅」(06/10/23)
  7. 場面緘黙症と心理学の学派(1)~精神分析学的説明(06/11/13)
  8. 最新!2005年8月発売の緘黙本(06/01/14)
  9. 場面緘黙症の治療体系もどき(1)(06/04/15)
  10. 場面緘黙症と心理学の学派(2)~行動分析学的説明(06/11/23)
そもそも『緘黙症』って何ぞや(改訂版)」がダントツの1位でした。この記事は左サイドバーから続きを読むことができる仕組みになっている上、Yahoo!知恵袋からリンクをいただいたことも多くのアクセス数につながりました(※ このサイトはリンクフリーです。ご連絡も特に必要ありません)。近く、「そもそも『緘黙症』って何ぞや(第3版)」をまとめようかと思っています。

11/01~11/30のアクセスを集計したものなので、11/01前後の記事のアクセスが多くなっています。

このほか、左サイドバーにある「たくさんアクセスをいただいた記事」からリンクされている過去の記事にも多くのアクセスをいただいています(「最新!2005年8月発売の緘黙本」「場面緘黙症の治療体系もどき(1)」など)。

このブログの看板は、場面緘黙症の解説記事のつもりです。しかし実際は、緘黙ストーリーの方がアクセス数が多い傾向があります。場面緘黙症に関する詳しい情報を求めている人は少ないのでしょうか…(>_<)

人気blogランキングへ