そもそも「緘黙症」って何ぞや(第3版)

2006年12月02日(土曜日)

[目次]

  • 緘黙症って何?
  • 緘黙症の分類
  • 緘黙児の特徴は?
  • 原因は?
  • 発症率は?
  • 合併する問題
  • よくある誤解

■ 緘黙症って何?


緘黙症(mutism)とは、言語や知能等に障害(障碍)がないにも関わらず、継続的に発語ができない、稀な情緒障害です。話すことができないだけでなく、思うように動くことができない「緘動」の症状がある子どももいます。


緘黙症は、主に幼稚園児や小学校低学年の児童が発症します。読み方は「かんもくしょう」です。自閉症やアスペルガーとは違います。


まだまだ研究が進んでおらず、分からないことが多い情緒障害です。


* * * * * * * * * *


■ 緘黙症の分類


◇ 場面緘黙症(selective mutism)


学校など、特定の状況で話すことができません。しかし、家では何の問題もなく話すことができます。特に、幼稚園や小学校への入学をきっかけに問題化します。緘黙症の多くが、この症状だと言われています。


このサイトでは、この場面緘黙症をメインに扱います。なお、最近、日本の学界では「選択性緘黙症」と呼ぶ動きも出てきています。


◇ 全緘黙症(total mutism)


重度の緘黙症で、あらゆる場面で話すことができません。非常に稀なケースです。


■ 緘黙児の特徴は?


場面緘黙児の最大の特徴は緘黙することですが、それ以外にも次のような特徴があると一般に言われています。


  • いつも極端に緊張している
  • 笑わない
  • 首を使ったコミュニケーション
  • 自分に自信がない

■ 原因は?


場面緘黙症の原因ですが、はっきり分かっていません。様々な要因が絡んでいると考えられているようです。


ただ、不安や緊張が原因と関係しているという見方が大勢のようです。


場面緘黙児のほとんどが社会恐怖症(社会不安障害)の診断基準に当てはまりますし(例えば、Cunningham, et al., 2006; Dummit, et al., 1997)、 SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)などの抗うつ剤が治療に効果を上げています(例えば、Dummit et al., 1996; Golwyn et al., 1999)。


■ 発症率は?


場面緘黙症の発症率は、調査によってまちまちなのですが、1%以下の低い確率という報告が多いです(例えば、Elizur & Perednik 2003, Kopp 1997)。最近、アメリカでは場面緘黙症の発症率は0.7%とする説(Bergman et al., 2002)が主流になってきています。 どの報告にもほぼ共通するのは、男児よりも女児に多いということです。


■ 合併する問題


場面緘黙症は、単に話すことができないだけにとどまりません。他の問題を合併していることも多いです。


代表的なのは、不安障害、特に社会恐怖症(社会不安障害)で、ほとんどの緘黙児は合併していると考えられています(例えば、Cunningham, et al., 2006; Dummit, et al., 1997)。 場面緘黙症は社会不安障害の一つの症状だという考え方も広まってきています。


また、発達障害(例えば、Kristensen 2000)や聴覚の問題(Bar-Haim, et al., 2004)、排泄障害(Kristensen 2000) などを合併している場合が、場面緘黙でない子どもたちに比べて多いという報告もあります。


■ よくある誤解


◇ 場面緘黙児は、自らの意思で話さないのではありません。話さないのではなく、話せないと表現した方が適切です。


◇ 場面緘黙児は、ただの大人しい子ではありません。 大人しさを通り越して、学校でひどく緊張して話せない子です。


◇ 場面緘黙症の原因は心的外傷(トラウマ)であるとか、家庭環境であるとかという説は古い文献によく見られます。しかし、近年では、これらは否定的に考えられています。これらの説は証拠が薄弱ですし、また、虐待を受けた場面緘黙児は非常に少ないという調査も複数あります(例えば、Dummit, et al., 1997)。


◇ 場面緘黙症は、放っておけば治るものでは必ずしもありません。むしろ、緘黙が長引くと、その行動が強化されるという説まであります(Shipon-Blum)。実際、成人後も緘黙症を持ち越したと見られる方もいらっしゃいます。早めの介入が効果的のようです。


人気blogランキングへ


※ 人気blogランキングについて

http://smjournal.com/ranking.html


[関連記事]


◇ そもそも「緘黙症」って何ぞや(改訂版)

◇ 「そもそも『緘黙症』って何ぞや」


[注、参考にしたもの]


◇ Bar-Haim, Y., Henkin, Y., Ari-Even-Roth, D., Tetin-Schneider, S., Hildesheimer, M., & Muchnik, C. (2004). Reduced auditory efferent activity in childhood selective mutism. Biological psychiatry, 55(11), 1061-1068.
◇ Bergman, R.L., Piacentini, J., and McCracken, J.T. Prevalence and description of selective mutism in a school-based sample. Journal of the American Academy of Child & Adolescent Psychiatry, 41(8), 938-946.
◇ Cunningham, C.E., McHolm, A.E., & Boyle, M.H. (2006). Social phobia, anxiety, oppositional behavior, social skills, and self-concept in children with specific selective mutism, generalized selective mutism, and community controls. European child & adolescent psychiatry, 15(5), 245-255.
◇ Dummit, E.S., Klein, R.G., Tancer, N.K., Asche, B., & Martin, J. (1996). Fluoxetine treatment of children with selective mutism: an open trial. Journal of the Academy of Child and Adolescent Psychiatry, 35(5), 615-621.
◇ Dummit, E.S., Klein, R.G., Tancer, N.K., Asche, B., & Martin, J. (1997). Systematic assessment of 50 children with selective mutism. Journal of the Academy of Child and Adolescent Psychiatry, 36(5), 653-660.
◇ Elizur, Y. & Perednik, R. (2003). Prevalence and description of selective mutism in immigrant and native families: a controlled study. Journal of the American Academy of Child and Adolescent Psychiatry, 42(12), 1451-1459.
◇ Golwyn, D.H., Sevlie, C.P., Phenelzine treatment of selective mutism in four prepubertal children. (1999). Journal of child and adolescent psychopharmacology, 9(2), 109-113.
◇ Kopp, S., & Gillberg, C. (1997). Selective mutism: A population-based study: A research note. Journal of Child Psychology and Psychiatry. 38(2), 257-262.
◇ Kristensen, H. (2000). Selective mutism and comorbidity with developmental disorder/delay, anxiety disorder, and elimination disorder. Journal of the American Academy of Child and Adolescent Psychiatry, 39(2), 249-256.
◇ Shipon-Blum, E. 著、SMJ翻訳チーム翻訳「場面緘黙症を理解するために」 from http://nhjournal.kurushiunai.jp/2006_11_05understandig_sm.htm
※ 翻訳チームの方々が訳された、拙サイトで配布中の資料です。


◇ Mcholm, E.A., Cunningham, E.C., & Vanier, K. M. (2005). Helping Your Child With Selective Mutism. Oakland: New Harbinger Publications, Inc.

トラックバック

http://smjournal.blog44.fc2.com/tb.php/172-1ad0d810
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

質問!発達障害と緘黙症の関係

お父さんと、お母さん二人で 発達障害セミナーに参加

2007/03/11(日)21:46│アニマルセラピーやってます♪