場面緘黙症のエッセー「七夕の奇跡」

2007年01月11日(木曜日)

アトリエの窓から ― 一号室の窓から場面緘黙症のエッセーを収めた本が、先月発売されたという情報を得ました(奇しくも、書籍コーナーを作った翌日に…)。

その本は、『アトリエの窓から―一号室の窓から』というエッセー集です。この中の「七夕の奇跡」という作品が、場面緘黙症に関係したお話なのだそうです。

詳しい内容は、岩手日報社の1月10日のトップニュースが伝えています。
http://www.iwate-np.co.jp/

Amazon.co.jp の「なか見!検索」で調べたところ、「七夕の奇跡」の分量は2ページだけと、かなり少ないようでした。ともあれ、場面緘黙症が取り上げられたことは喜びたいと思います。

また、新聞記事に「場面緘黙症」の文字が掲載されたことも、歓迎すべき話です。Wikipedia によると、岩手日報社の発行部数は27万部。岩手県の地方紙としては、ナンバー1のシェアです。

できれば手にとってみたいです。

※ ここ2日、Amazon.co.jp へのリンクが多いですが、このブログは物販ブログではありません!

人気blogランキングへ