日常生活において「話すことの不安」にどう対処するか?

2007年02月03日(土曜日)

場面緘黙児に必要な新学年への準備!場面緘黙症の資料No.11
「日常生活において「話すことの不安」にどう対処するか ?」です!

この資料は、イギリスの場面緘黙症サポートグループ場面緘黙症情報研究協会(SMIRA)、スマイラの資料handout3を翻訳したものです。

今回の資料では、場面緘黙児を日常生活の場面でどのように支援すればよいか様々な提案がなされています。場面緘黙児への基本的な接し方から、他の子どもたちが緘黙児に話しかけてきた時の具体的対応など、細かいところまで言及があります。

今回の資料は、壱さんの担当です。壱さんは大学生で、中学・高校の頃に場面緘黙症の症状があったそうです。近況をうかがうと「現在就職活動の真っ最中です。面接やグループディスカッションで変に緊張してしまわないよう、模擬面接などの機会を見つけては参加しています。」とのことでした。

翻訳チームでは現在、イギリスの場面緘黙症サポートグループ場面緘黙症情報研究協会(SMIRA)、スマイラの資料を翻訳しています。スマイラのhandout2,3,4 を拙サイトの資料No.10、11、12 としますが、スマイラのhandout3の翻訳作業がhandout2より先に完了しましたので、資料No.11を資料No.10より先に公開いたします。

■ 資料の項目

(1)子どもへの接し方 ~ボジティブな態度が大切です!!
   こう言いそうになっても→こんなふうに言うようにしましょう
(2)なじみのない人が場面緘黙児をリラックスさせるには?
(3)家族が地域で子どもをサポートするには?
(4)人に何か言われた時は?
  「○○ちゃんは話せない」「どうして○○ちゃんはしゃべらないの?」
  「口が利けなくなっちゃったの?」「今日は話してくれるよね?」
(5)他の子どもたちが場面緘黙児を代弁しようとするときは ?
(6)場面緘黙児がしゃべったときは?

>> 本文を読む
* * * * * * * * * *

■ この資料について

この資料は、SMIRAの資料”GENERAL MANAGEMENT OF SPEECH ANXIETY IN EVERYDAY SITUATIONS ”を翻訳したものです。

SMIRAは、場面緘黙症に関する情報提供や研究を行なう、イギリスに拠点を置いたサポートグループで、場面緘黙症に取り組む保護者、子どもたち、専門家のための団体です。

イギリスではスピーチセラピストのマギー・ジョンソンさんが、緘黙治療の第一人者として知られています。彼女は The Selective Mutism Resource Manual という本を、もうひとりの専門家と共著していて、これがイギリスの緘黙治療のバイブルと呼ばれています。このHandoutは、この本からの抜粋になっています。

SMIRAの治療方法は、SMartセンターの治療方法と、技法には異なる点もあります。しかし、どちらも行動療法を基礎にしていて、基本的なところは似ています。

SMIRAのサイト http://groups.yahoo.com/group/smiratalk/ のFilesの翻訳許可(一部)を得るために、ロンドンにお住まいのみくさんがSMIRAと交渉してくださいました。また、翻訳のチェックもしていただきました。みくさん、ありがとうございました。

今後も、翻訳チームで少しずつ資料を翻訳し、拙サイトに掲載していければと考えています。なおチームで目を通しましたが、誤訳や誤字脱字が見つかりましたら、ぜひお知らせ下さい。その都度検討し、更新いたします。

■ Knet翻訳チーム メンバー募集!

引き続き、いっしょに翻訳を希望される方を若干名募集します。

Knet翻訳チーム掲示板(リンク切れ)こちらの掲示板にアクセスされた後、ユーザー登録を行い、私にご一報ください。私が指定した登録ユーザーのみ、掲示板の記事を閲覧できるようになっています。登録にはメールアドレスが必要です。

英語が得意な方、得意というほどではないけれど協力したいという方、翻訳の時間はとれないけど誤訳チェックだけならできそうと言う方も、ぜひ声をおかけ下さい!

(今回の記事は、けいこさんと相談の上まとめました)