負けたらあかん!-場面緘黙症の手記

2007年05月12日(土曜日)

石川百合子さんと麻利さんの共著『負けたらあかん!』をようやく入手しました。およそ200ページの内容でしたが、話に引き込まれ、一気に読み終えてしまいました。

内容は、場面緘黙症を克服した麻利さんと、そのお母さんの百合子さんの手記です。

同種のものに、さくらかよさんの『君の隣に―緘黙という贈り物』という本もあります。こうした体験記は最近はブログでも活発ですが、これは海外にはない、日本の緘黙界(変な言葉…)の特徴だと思います。

自分の体験と比べながら読んでいましたが、場面緘黙症もやはり症状はそれぞれで、また症状に対する周りの人の反応も様々なのだと改めて考えさせられました。

このお話で特徴的だと思ったのは、麻利さんに対するお母さんの深い理解と強い支えがあったことです。一方、学校では無理解な先生や子どもたちも多く、「百合子さん・麻利さん VS 学校」という図式がわりとはっきりしていたように思います。

私の場合と逆です。

* * * * * * * * * *

それから、この本の中には「人権」「権利」という言葉が繰り返し出てくるのもポイントです。

場面緘黙児にも人権があると言われると、心強く感じられます。学校が場面緘黙児をないがしろにすると、「子どもには教育を受ける権利がある」と主張する保護者がいても、もっとものように思えます。

私も小学6年の社会科の授業で、自分にも基本的人権が尊重されると教わったときは、ずいぶんと感動したものです。それまで私は駄目人間で、生きている値打ちもないと信じていたのですから。

そういうわけで、私は当時人権かぶれになって、「私たち子どもにも人権があるんだ」「いじめで子どもの人権が踏みにじられるのはいかんことだ」云々と母に話していたのですが、母の反応は「何が人権だ、アホか」でした。(>_<)

手記は、麻利さんが場面緘黙症を高校生の頃に克服し、就職もできて、めでたしめでたしで終わっています。ただ、後遺症や二次障害のようなものは残らなかったのだろうか、そこが気になりました。

場面緘黙症の親子の手記とあって、場面緘黙症で苦しんでいる人も保護者の方にもおすすめできる本です。

PS 場面緘黙症は自閉症の一種というようなことが書かれてありますが、違うのではないと思います。大学図書館データベース Webcat でも、この本が件名「自閉症」で登録されていて、困ったものです。

※ 人気blogランキング、応援よろしくお願いします!
⇒ 人気blogランキングへ

※ 人気blogランキングについて
http://smjournal.com/ranking.html

負けたらあかん!
負けたらあかん!
石川 百合子 石川 麻利

関連商品
場面緘黙児の心理と指導―担任と父母の協力のために
無気力・引っ込み思案・緘黙
Helping Your Child With Selective Mutism: Steps to Overcome a Fear of Speaking
友達ができにくい子どもたち―社会性の発達と援助法
by G-Tools