世界のメディアと場面緘黙症

2007年07月28日(土曜日)

とある事情により、場面緘黙症を世界のメディアがどう伝えているかをまとめていました。どうせまとめたのだから、ついでにブログ記事にしちゃえ!と思いつき、そうすることにしました。

* * * * * * * * * *

世界のメディアは、これまで数え切れないほど場面緘黙症を取り上げてきました。

ごく最近のものは、Google News で、例えば "selective mutism" などと検索すると分かります(""でくくるのが検索のポイントです)。さらに、Google News のアーカイブサーチでは、記事のアーカイブを検索できます。

それでは、場面緘黙症を伝えた世界のメディアを具体的に見てみましょう。

■ テレビ

CNN (10/18/2004), ABC (03/27/2006)* (05/26/2005), CBS (11/16/2006) * [米]
Channel 4 (04/10/2006) (08/01/2002) [英]
ARD (03/21/2006), ZDF (03/17/2006)* RTL (09/20/2006) [独]
ABC (04/20/2004), Channel 7 (11/22/2006) [豪]
中国中央電視台 (06/17/2007) (06/15/2007), 鳳凰衛視 (06/15/2007) [中]

いずれも、日本で言えば NHK や在京キー局に相当する大きなテレビ局です(私は海外のテレビ局事情はよく知らないので、ひょっとしたら間違っているかも)。

米国では、三大ネットワーク全てで場面緘黙症が取り上げられました。

中国中央電視台と鳳凰衛視の報道は、新華社を出所としたもので、さらにその記事の大元は、おそらく、英国の大衆紙 The Sun(後述)ではないかと思います。

なお、Channel 7 は、放送局のウェブサイトでは情報が見つからなかったのですが、他サイトで情報を見つけました。二次情報をもとにしたものなので、お気をつけ下さい。

また、* 印がついているものは、現在のところ、ネット上で動画を視聴できます。

* * * * * * * * * *

■ 新聞

The New York Times (04/12/2005), The Washington Post (10/08/2004), Chicago Tribune (02/06/2000) [米]
The Times (05/15/2006) (05/30/2005), The Guardian (04/01/2006), The Independent (09/18/2001), The Sun (06/14/2007) [英]
Die Zeit (12/29/2005 か) [独]
Algemeen Dagblad (12/04/2005) [蘭]
The Jerusalem Post (10/26/2003) (01/20/2002) [以]
東亜日報 (04/13/2005) [韓]

※ 英語の各新聞紙名に The がつくかどうかは、少し自信がありません。

いずれもその国では有数の定評ある新聞、発行部数の多い新聞です。日本で言えば、読売、朝日、毎日、産経クラスだと思っていただければ分かりやすいと思います(日本と海外は新聞事情がだいぶ違うのですが)。

新聞の場合、一つの新聞に載ると、関連他紙でも同じ記事が掲載されることがあります。例えば、The New York Times の場面緘黙症に関する記事が、そのまま International Herald Tribune(これまた権威のある新聞です)という新聞に転載されています。これは、IHT が NYT の子会社であることと関係しているものと思われます。

なお、The Washington Post は、読者からの(?)Q&A形式で場面緘黙症を取り上げています。記事というのとは、ちょっと違うかもしれません。それから、The Jerusalem Post の(01/20/2002)のものは、abstract しか読んでいないので、自信がありません。

■ 雑誌

TIME (01/29/2006) [米]
Maclean's (09/24/2003) [加]

■ ご注意!

以上は、私がインターネットを通じて確認したものです(ですから、私が確認していないものがまだあるかもしれません)。

私が確認したものは、全てインターネット版です。例えば、ネットの取り上げ方と、テレビの取り上げ方、紙の新聞の取り上げ方は、ひょっとしたら違うということもあるかもしれません。

主要なもの、最近のもの(2000年以降)だけをご紹介しています。細かいものを含めると、メディアへの掲載歴は世界中でたくさんあり、とても私が把握しきれるものではないからです。

それから、これらは場面緘黙症を正面から取り上げたものに限った話です。場面緘黙症が主題のものです。

■ Q&A

Q このブログ記事のタイトルは「世界のメディアと場面緘黙症 」なのに、どうして日本のメディアには触れられていないのですか?

A 日本では、場面緘黙症の報道が見つからなかったからです。読者投稿欄に載ったとか、緘黙がメインでない記事に緘黙のことが書いてあったとか、1999年以前とか、そういうものなら知っているのですが。

人気blogランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
⇒ 人気blogランキングへ