日本には緘黙症の個人ブログが多い

2008年04月24日(木曜日)

日本には、緘黙症(特に場面緘黙症)をテーマにした個人ブログがとても多いです。goo のブログ検索で「緘黙」と検索すると、80件近いブログがヒットします(スコア0以上のブログ。ただし、この中にはリンク切れのブログも含まれています)。

しかし、こうした傾向は世界中で見られるものではありません。私がよくチェックしている英語圏では、緘黙症をテーマにしたブログは5件ぐらいしか知りません。

Technorati 社の2006年?の調査では、全世界のブログのうち、日本語ブログは37%、英語ブログは36%を占めており、両者は同じぐらいであることが分かります。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0704/06/news057.html
しかし、緘黙症をテーマにした個人ブログの数となると、文字通り桁違いの差があるわけです。

なお、日本語圏、英語圏に次いでブログが多い中国語圏では、少なくとも私の知る限り、緘黙症をテーマにした個人ブログは1件もありません。場面緘黙症児への支援が比較的充実したドイツ語圏でも、同様です。

■ 日本ではどうしてこんなに多いのか

どうして日本では、これほど個人の緘黙症ブログが盛んなのか、はっきりとした理由は私には分かりません。いや、日本に住んでいる私としてはむしろ、どうして海外ではこうしたブログが流行らないのか、そちらの方が不思議です。

日本のネット界では、個人が緘黙症のサイトを開設し、情報を発信するという文化が古くからありました。[1] 私はもしかしたらそのことが関係しているのではないかと見ています。

■ 個人ブログは掘り下げて書くことができる

緘黙症をテーマにしたブログは、そのブログ管理者が、緘黙症について掘り下げて書くことができます。掲示板と違って、一人の緘黙症関係者が、緘黙症について延々と自分のことを書き連ねても、誰からも文句を言われることはありません。[2]

こうしたブログを自由に読み書きできる文化が日本にはあることは、緘黙症に関心のある方にとっては嬉しいことではないかと思います。

■ 日本の緘黙ブログ文化を英語圏に輸出

私が英語ブログを始めたのも、こうした日本の文化を海外に輸出するのが狙いの一つでした。その後、私のブログの影響かどうかは分かりませんが、場面緘黙症をテーマにしたブログが英語圏で増えてきました。先にお話した5件ほどある英語圏の緘黙症ブログは、いずれも私が英語ブログを始めた後に開設されたものです。

うーん、もしかしたら、英語圏では私がパイオニア?でも、英語圏ではまだまだ少ないですから、パイオニアというほどでもありませんね。(>_<)


※ 人気blogランキング、励みになっています。応援クリックよろしくお願いいたします。⇒ 人気blogランキングへ

人気blogランキングについて
http://smjournal.com/ranking.html

[注]

[1] 私が最初にインターネットで場面緘黙症を知ったのは、2001年の終わり頃でしたが、少なくともその頃からそうでした。
[2] 場面緘黙症Journal 掲示板では、こうした投稿について管理者として咎めたことはありません。