インクルーシブ教育

2008年05月29日(木曜日)

特別支援教育について色々読んでいると、ときどき「インクルーシブ教育(Inclusive Education)」という言葉にぶつかります。このインクルーシブ教育、私もよく分からないのですが、自身の勉強も兼ねて、ごく基本的なところだけまとめてみます。

■ インクルーシブ教育とは何か

インクルーシブ教育とは、「障害を有する子どもを含むすべての子どもに対して、(1)個々の子どもの教育的ニーズにあった適切な教育的支援を、(2)原則として普通学級において実施する教育」(小野, 2005)のことです。

とすると、障害(障碍)のある子とない子を、特別支援学級と普通学級に分けるということをせずに、同じ教室で教育を行うということでしょうか。もちろん、机を並べつつも、その子のニーズに合った支援を行うわけです。

■ サマランカ宣言

特別支援教育が広く知られるところになったのは、1994年に採択された「特別なニーズ教育における原則、政策、実践に関するサラマンカ声明ならびに行動の枠組み(サマランカ宣言)」がきっかけです。この宣言は、ユネスコとスペイン政府が共催した「特別なニーズ教育に関する世界会議:アクセスと質」の中で採択されました。内容は、インクルージョン教育の実現を促すものです。

サマランカ宣言は和訳され、インターネットでも公開されているので、興味のある方は読んでみるとよいでしょう。

■ 日本では

日本はサマランカ宣言を批准した国の一つですが、日本ではインクルーシブ教育の実施状況はどのようなものなのでしょうか。

この点については、少し古いですが、小野純平氏がイギリスと比較しながらよくまとめています(小野, 2005)。
⇒このページから無料でダウンロードできます。国立情報学研究所が提供するサービスです。http://ci.nii.ac.jp/naid/110006184414/
これを読む限り、日本でも、障害のある児童生徒一人一人のニーズに合った教育を行おうという動きはあるものの、普通学級で行うという点についてはむしろ逆の方向に進んでいるようです。

小野氏がまとめたものに載っていない最近の動きとしては、発達障害者支援法の施行(2005年)や、改正学校教育法の施行(特に2007年)などがあります。いずれも、障害児への支援という点では前進ですが、障害者と健常者がともに机を並べるという方向には進んでいないようです。

インクルーシブ教育がよいかどうかは、まだ私には分かりません。ただ、最近の世界の流れではあるようです。

[文献]

◇ 小野純平. (2005). 日本におけるインクルーシブ教育について : 英国におけるインクルーシブ教育との比較を中心に. 現代福祉研究, 5, 53-63.
↑ この文献にあるインクルーシブ教育の定義はサマランカ宣言がもとですが、サマランカ宣言にインクルーシブ教育の明確な定義があるわけではありません。