精神科医は緘黙症児を敬遠している?

2008年07月26日(土曜日)

精神科を訪れるケースではより重症で難治なタイプⅡ、あるいはタイプⅢである割合が多いと考えられ、この食い違いが教育現場における選択緘黙のイメージと精神科の臨床におけるイメージとの違いを生んでいるように思われる。すなわち教育関係者は思春期を過ぎれば選択緘黙は自然軽快するものと思いがちであるのに対して、精神科医はアプローチが困難で治りにくい障害と捉えてどちらかといえば敬遠する向きがあるが、見ている対象が異なっているのであろう。

精神科医は、場面緘黙症児を敬遠する向きがある!?そんな、ひどい…。

重症で難治な子ほど、治療や支援が必要なのに、逆に敬遠されてしまうとは…。

しかし、アプローチが困難だと、もしかすると、そもそも適切な治療を施そうにもできないという精神科医もいるのかもしれません。また、精神科医とて人です。扱いが難しい障害を抱える子を、つい敬遠してしまいたくなるのは人情なのかもしれません。その他、治る見込みが薄い子どもに治療を施すのには、様々な問題があるのかもしれません。

それにしても、重症で難治である上、それゆえに精神科医にさえ敬遠される緘黙の子は、とても気の毒だと素朴に思います。

[追記]

冒頭の「タイプII」「タイプIII」は、大井ら(1979)の場面緘黙症の分類です。詳しくは、「社会化欲求型、社会化意欲薄弱型、社会化拒絶型」をご覧ください。(08/09/2008)

[文献]

◇ 大村豊 (2006). 選択緘黙-成人期への影響- 精神科治療学, 21(3), 249-256.