ドイツの緘黙の本読んでます

2008年08月16日(土曜日)

Mutismus im Kindes-, Jugend- und Erwachsenenalter前々からドイツの緘黙の本を読んでみたいと思っていました。

緘黙症の研究はアメリカや日本よりも、ドイツの方が実は歴史があります。ドイツには緘黙症のしっかりした支援団体があり、緘黙症を扱った本も多く出版されています(場面緘黙症Journal 関連書籍・ドイツ語編参照)。他の国にはないノウハウの蓄積があるかもしれません。

そこで先日、Mutismus im Kindes-, Jugend- und Erwachsenenalter(『子ども、青年、大人の緘黙症』)という本を買いました。いま一生懸命読んでいるところです。

どうしてこの本を買ったのかというと、

1 値段が手ごろだったから
2 ページ数が少なく、最初に読むドイツ語の本としては良さそうだったから
3 大人の緘黙症について取り上げられているから

です。

* * * * * * * * * *

薄い本本は64ページの薄い本です(右の写真を見てください!この薄さ!)。このページ数でこの値段というのは、難しいものです。

内容は、緘黙症(場面緘黙症、全緘黙症)全般について基礎的な知識をまとめたもののようです。写真やイラストがところどころに挿入されていて、読みやすくできています。

共著者のお一人、Boris Hartmann 氏は、ドイツでは緘黙症の研究、治療で大きな実績を上げている方です。多くの論文を発表されている他、この本以外にも著書があります。

共著者のもうお一人、Michael Lange さんは、10歳から37歳まで場面緘黙症で、今もなお発話を必要とする状況を避けているという意味のことが書かれてあり、びっくりしました。私はこの方から、英語ブログを通じて、メールをいただいたことがあります。

実を言うと、私はドイツ語はさっぱりです。日本語と、かろうじて英語を少し読むことができる程度です。そこで、インターネット上の機械翻訳 Babel Fishlivedoor 翻訳Infoseek マルチ翻訳等を使って、ドイツ語を英語、日本語に訳して読んでいます。苦肉の策ですが、そこまでしてでも読みたいのです!

まだ読んでいる途中ですが、気づいたことがあればまた何か書きます。