「緘黙依存症」

2008年10月28日(火曜日)

場面緘黙症の子どものために必要な支援をする、もっともなことです。学校生活が不自由な緘黙の子どものために手助けをする、良きことだと思います。

ただ、先日ご紹介した荒木冨士夫氏の論文には、緘黙経験者のこんな話が紹介されていました。

「周囲の人が代りになんでもやってくれるから…」

荒木氏は、これを「話をしない方が楽であり得であるといった心性」と表現しています。

■ 緘黙で得することもある

このように、病気か何かにかかって、周囲の人が優しくしてくれるようになったとか、義務や責任を避けることができたとか、そうした利益が得られるとき、その利益のことを「二次的疾病利得(しっぺいりとく)」、もしくは単に「疾病利得」と呼びます。

荒木氏は、「周囲の人が代りになんでもやってくれるから…」といったように、緘黙症が周囲の人を動かすようになると、緘黙症児の緊張が減少し、緘黙で安定すると述べています。これは緘黙症特有の疾病利得と言えるでしょう。荒木氏は、こうした現象を「緘黙依存症」と名づけています。

荒木氏は、このことから、緘黙症児には話「せ」ないという心性だけでなく、話「さ」ないという心性もあるのではないかと述べているのですが、私は半信半疑です。

■ 緘黙を治そうという意欲がそがれることも?

ただ、ここでお話したような疾病利得のうまみを緘黙症児が知ってしまうと、子どもによっては、緘黙を治そうという意欲がそがれてしまうこともあるのではないかと思います。緘黙っ子のままだとみんなが親切にしてくれますし、甘い目で見てもらえることもあります。ですが、緘黙が治ってしまうとそうはいかなくなるのです(現実には、無理解に悩まされている子の方が多いような気もするのですが)。

■ それでは、緘黙の子にどう接するか

こうなると、緘黙の子への接し方は難しくなってきそうです。緘黙を治そうという意欲をそがないために、緘黙症児には日ごろから邪険に接する…なんてことをするわけにはいきません。必要な支援は行う、話せなかったり動けなかったりして困ったことがあれば助ける、だけれども、緘黙に依存させない程度にする。このあたりのさじ加減が難しそうです。

もっとも、いつまでも人の好意に甘えてばかりはいられないと考えるしっかりした緘黙の子も、けっこう多いような気もします。