読売新聞(地域面)に、少しだけ緘黙のことが

2008年11月26日(水曜日)

11月23日の『読売新聞』地域面(神奈川県)に、場面緘黙症の子どもについて、軽くではありますが、触れている記事を発見しました。

「響き合う心願い込め 個別支援学級生らが あすハンドベル演奏会」という記事で、確認したのは YOMIURI ONLINE(『読売新聞』のウェブサイト)です。

記事へのリンクを貼りたいのですが、それは同サイトのリンクポリシーが認めていないので、リンクは貼れません(ご了承ください)。

場面緘黙症を主題にした記事ではなく、しかも地域限定の記事なのですが、それでも、新聞に「緘黙」の文字が載ることは珍しいのではないかと思います。

なお、『読売新聞』の地域面では、私が確認した限り、2007年5月9日にも「きょういく 小中学校編 支える教室<8>障害児学級の経験伝える」と題する記事の中で、緘黙について軽く触れられています(北海道。これも YOMIURI ONLINE で確認)。

地方紙を細かく探せば、緘黙の子を扱った記事は案外見つかるかもしれません。私の地元の新聞では、小学生がトイレ掃除をしたとか、身近なことに関する記事が、カラー写真付きで大きく載ることが少なくありません。こうした記事は、紙の新聞に掲載されても、ネット上でも配信されるとは限りません。ですから、私のようにネットで検索するだけでは、分からないわけです。もっとも、緘黙の子は目立つことが嫌いですから、あまり新聞で大きく取り上げられると困ってしまうかもしれません。