発掘!教師が書いた緘黙児教育の実録

2009年04月25日(土曜日)

本あまり知られていないと思われる、緘黙の本を読む機会を得ました。

『ほら、こんなにも美しい世界が-ある緘黙児教育の記録』という本です。

著者は中学校教諭(当時?)の藤林春夫氏。藤林氏は、この本のほかにも、『ある朝、僕は布団から起きられなくなった―不登校生徒たちを立ち直らせたある教師の行動録』(1999年)『それぞれの帰路』(2005年)を出版しています。

この本は信毎書籍出版センターより1993年に発行されていますが、現在はおそらく絶版ではないかと思います。私は「自費出版図書館」という、全国に本の貸し出しサービスを行っている図書館を通じて、この本を読みました。

内容は、当時の障害児学級(中学校)で場面緘黙症の男子生徒を指導し、その生徒が普通学級に編入するまでを振り返った実録です。類書はほとんどなく、貴重な本だと思います。著者の、生徒への痛いほどの愛が伝わってくる1冊です。

■ 障害児学級

障害児学級とあって、指導の重点は緘黙の克服に置かれていると感じます。しかも、この学級はどうも少人数編成のようで、そのためきめこまかい指導がなされていると感じます。反面、勉強内容は普通学級に比べると軽いものだったようです。

ちなみに、私は中学時代は、普通学級で過ごしていたのですが、こちらでは対照的に、指導の重点は勉強でした。私が学級で孤立しないようにとの先生の強い配慮は感じましたが、それ以外では私の緘黙について、特別な指導は受けませんでした。結局、学力はつきましたが、緘黙はあまり治りませんでした。

その子どもにもよるのでしょうが、特別支援学級と普通学級、どちらが良いのだろうかと考えさせられました。

■ 発話の訓練

この本には具体的な指導の記録が細かく載っており、緘黙の子を指導している教職の方には参考にもなるだろうと思います。緘黙の本にはほとんど(全く?)言及がない進路指導についても触れられています。

ただ、著者は緘黙の生徒に少しずつ話せるよう発話の訓練をしており、これが気になります。生徒と強い信頼関係が成り立っているとはいえ、生徒を怒鳴ったり叩いたりするなど、厳しい指導にも当たっています(これも生徒に対する愛情からきたものなのでしょうが)。著者の指導は『場面緘黙児への支援』などでも採用されている行動療法の原理に基づいているとも思えるのですが、その一方、読む人によっては、緘黙の生徒にはとにかく発話を強制すれば治ると誤解しやしないか、そこが少し気になりました。

甘えるな、克己の精神で緘黙を治せ、という雰囲気がします。この本を読んだあと、ちょうど先日取り上げた『場面緘黙へのアプローチ』を入手したので、読んでいたら、こちらには遊びを通じて緘黙を治す方法が紹介されるなど、どこか楽しみながら緘黙を治そうという感じもあり、その落差に驚いてしまいました。

この本は、緘黙の生徒を指導した「一例」です。「一般」にどのような指導を行えば良いかを知るには、『場面緘黙児の心理と指導』などを読めばよいと思います。

■ あとがき

最後は普通学級に移って、とりあえずめでたし、という展開ですが、その後の佐藤愛氏の「あとがき」で、あっと驚くことが書かれてあります。最後にこんなことが書かれてあるので、読後感がなんとも…。

■ 類書

なお、同じような、教師による緘黙症児教育の記録に、『話せるようになったまさえさん』(絶版)という本があります。