「すべて国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、且つ、育成されるよう努めなければならない」

2009年08月25日(火曜日)

児童福祉法が掲げる崇高な理念は、一見の価値があります。

* * * * * * * * * *

児童福祉法

第1条 すべて国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、且つ、育成されるよう努めなければならない。

 2 すべて児童は、ひとしくその生活を保障され、愛護されなければならない。
 
第2条 国及び地方公共団体は、児童の保護者とともに、児童を心身ともに健やかに育成する責任を負う。
 
第3条 前2条に規定するところは、児童の福祉を保障するための原理であり、この原理は、すべて児童に関する法令の施行にあたつて、常に尊重されなければならない。

* * * * * * * * * *

※ 児童福祉法で言う児童は、「満18歳に満たない者」のこと(同法第4条)。

戦後の新憲法に基づいた理念です。この法律が制定された終戦当時、わが国の子どもたちが置かれた状況はとてもひどかったそうです。

児童相談所や情緒障害児短期治療施設も、上の理念に基づいて、児童福祉法で定められています。

私は上の条文を読んだとき、なんという高い理念なんだと驚かされたのですが、考えてみれば当たり前のことのようにも思えます。

場面緘黙症の児童で、支援が必要なのに、それが行われない者がもしいたら、それは児童福祉法の理念からしてもおかしいのではないでしょうか。わざわざ法律を持ち出すまでもない話かもしれませんが。

なお、児童については、「児童の最善の利益(子どもの最善の利益)」という表現を用いた「児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)」という重要な条約もあります。