21歳前後の元緘黙児41人を調査

2009年09月24日(木曜日)

このブログでは、ときどき場面緘黙症の論文を取り上げています。私は専門家ではないのですが、自分自身の勉強も兼ねて。

今回の論文はこれです。

Remschmidt, H., Poller, M., Herpertz-Dahlmann, B., Hennighausen, K., and Gutenbrunner, C. (2001). A follow-up study of 45 patients with elective mutism. European Archives of Psychiatry and Clinical Neuroscience, 251(6), 284-296.

■ 概要

ドイツの研究です。場面緘黙症の治療を受けた子どもたち45名の、その後を調査したものです(45名のうち、その後、十分な情報を得られたのは41名)。

■ 所感

◇ 数少ない緘黙児の長期的な追跡調査

私は、場面緘黙症が、青年期以降にどのような影響を与えるかに強い関心を持っています。青年期以降には緘黙症状は完全に消えてしまい、いわゆる後遺症も残らない場合が多いのか。それとも、青年期以降も完全には治らず、後遺症が残る場合が多いのか。前者と後者では、緘黙症の問題の深刻さ、早期対応の重要性等々が違ってくるだろうと考えるからです。

ですが、文献上では、緘黙の子たちの長期的な追跡調査は、数少ないです。今回の論文はその数少ない調査の一つで、英語圏の長期的追跡調査としては、Steinhausenら(2006)と並ぶ最重要文献と私は見ています。調査対象の元緘黙症児の数が多いこと、対象群があるなど調査方法が比較的しっかりしていることがこの論文の評価できる点です(偉そうなこと言って、すみません)。

皆さんお持ち(?)の『場面緘黙児への支援』でも、追跡調査として唯一この論文が引用されています。興味のある方は確かめてみても良いかもしれません(28ページ。原著では20ページです)。

* * * * * * * * * *

◇ 我が意を得たり

インターネットで場面緘黙症に関するホームページ、ブログ、掲示板等を見ていると、青年期以降も緘黙症状がなくならなかったり、緘黙症ではなくなったものの、何らかのコミュニケーション上の問題を抱えている人が少なくないと感じます。

今回の論文が示す調査結果は、この私の実感とかなり一致する結果で、我が意を得たりという思いで読んでいました。

ただ、ネット上の緘黙症経験者の話が、全ての緘黙症経験者の話を代表しているとは限りません。もしかすると、青年期以降も緘黙症から自由になれない人に限って、緘黙症をテーマにしたブログを書いたり、緘黙関連サイトの掲示板で何か書き込んだりするのかもしれません。一方、今回の論文で調査対象となった緘黙症経験者もまた、全ての緘黙症経験者を代表しているわけではありません。今回の調査対象者は、1964年~1979年にフィリップス大学児童青年精神医学科と、その近くの児童相談所を紹介された当時の緘黙症児ですが、緘黙症経験者の中には、こうした専門機関を利用しない者もいます。

◇ その他様々なことが明らかに

この論文では緘黙症の予後のほかにも、緘黙症児やその家族について様々な調査を行っており、興味深いです。特に親の養育態度の調査などは、英語圏の少なくとも近年の文献としては珍しいのではないでしょうか。

◇ ドイツ語文献の引用

今回の論文は英語で発表されましたが、実はドイツ発の研究です。そのためか、緘黙症の英語文献にしては珍しく、ドイツ語文献がいくつか引用されています。

引用されているドイツ語文献の中には、治療を受けた緘黙症児と、受けなかった緘黙症児のその後の比較など、英語文献ではなかなか見ることのない研究があり、興味深いです。

[余談~緘黙症経験者と失業]

今回の論文で引用されている文献のうち、Kolvin(1994)が気になりました。緘黙症児の追跡調査なのですが、調査対象の緘黙症経験者のうち38%が2年以上にわたって失業していたというのです(これに対し、言語障害者は20%)。

場面緘黙症と失業に関する調査はほとんどなく、緘黙症経験者の社会適応を考える上で重要な文献ではないかと思うのですが、学会発表のせいか、学術文献検索サイト等で検索しても全くヒットせず、入手方法も分かりません。ぜひ読んで詳細を知りたいのですが…

[関連ページ]

◇ 今回の論文の詳細情報場面緘黙症Journal 論文情報