緘黙・新春インタビュー2010

2010年01月01日(金曜日)

お多福皆様、明けましておめでとうございます。そして一年前はブログ拍手、たくさんありがとうございます!牛田牛子改め、虎田虎子です。今年も「緘黙・新春インタビュー2010」と題しまして、場面緘黙症Journal の富条さんにいろいろお話を伺ってまいりたいと思います。富条さん、よろしくお願いします。

若侍よろしくお願いします。インタビューに入る前に、一つお断りを。携帯電話でこのブログをご覧の方の中には、もしかしたら虎子さんや私の顔画像が、画像と表示されて、うまくご覧になれない方もいらっしゃるかもしれません。ごめんなさい!

お多福えっ!携帯でSMJブログをご覧の方がいらっしゃるんですか!?パソコンでご覧の方ばかりだと思っていました!携帯からだと、私の美しい顔が見られないなんて……。

若侍私独自の調査によると、携帯でご覧の方、相当数いらっしゃいます。携帯からだと大きな画像は見られませんし、リンク先のページが携帯非対応の場合は見られませんし……携帯でご覧の方には、いつも色々とご不便をおかけしています。

■ ブログ記事、他の人が書いたものを紹介した記事が多い?

お多福さてインタビューですが、まず最初に、ブログ記事についてお伺いします。SMJのブログ記事は、他の人が書いたものや出来事を紹介した記事が多く、気になっています。富条さん自身がオリジナルで書いたものと言えば、緘黙ストーリーぐらいでは?

若侍他の人が書いたものや出来事であっても、あまり知られていなさそうなものがあれば、それを紹介することに意義は大きいと思い、このブログで積極的に紹介しています。それに、そうした紹介記事であっても、たいていの場合は私自身のコメント(オリジナル部分)を付け加えてきたつもりですよ。

若侍あと、紹介記事ではない、私自身のオリジナルの部分が多い記事というのは、たいていつまらないんですよねー……。というわけで、ブログはこのような内容にしています。

■ 掲示板

お多福次に、場面緘黙症Journal掲示板についてお伺いします。あの掲示板には、ときどき「どうしたらいいんでしょうか」等々の助言を求められる方の投稿を見かけます。しかし富条さんは、必ずしもそれに返信しませんよね?どうしてなのでしょうか。

若侍いやあ、私も自分がよく知っている分野なら、お返事を返すこともできないこともないのですが。そうでもない分野には、なかなかお返事を返せなくて。

若侍掲示板は、私などよりも緘黙についてお詳しい方もたくさんご覧になっています。そうした方がお返事を返されると、私は助かるとともに、そのお返事を拝見することがよい勉強になっています。

* * * * * * * * * *

■ 富条は、ネット上の交流はあまりしない?

お多福それから、富条さんは、ネット上の交流はあまりされない方なのかな?と思っています。例えば、他の緘黙ブログや掲示板に行ってコメントを残す、ということは滅多になさいませんよね。何か理由があるのでしょうか。

若侍いろいろ理由はあります。一つだけ申し上げるとすれば、私の性格でしょうか。私はあまり人と交流をせずに、一人でこつこつと何かをするのを好む性格なのです。ただ、みなさまが運営されている緘黙関係のブログや掲示板等は、チェックしていますよ。

■ ドイツの緘黙の本はどうなった?

お多福あと、富条さんは、2008年8月頃にドイツの緘黙の本を読んでいらっしゃいましたよね?(「ドイツの緘黙の本読んでます」参照)「まだ読んでいる途中ですが、気づいたことがあればまた何か書きます」とのことでしたが、あれ、結局どうなったんですか?

若侍実はあの本を読むのは、あきらめました……。ドイツ語を読むのに難儀して、最後まで読もうとすると大変な時間がかかりそうだったので。あのブログ記事にはたくさん拍手をいただいたのですが、私の感想等を期待されていた方がもしいらっしゃったら、申し訳ございません。

■ 緘黙ストーリー

お多福最後に、緘黙ストーリーについてお伺いします。最近の展開はなんだか暗くて気になっているのですが……


若侍仕方がないでしょ!中3時代は暗い学校生活を送っていたんですから!(突然ムキになる富条
)それに、緘黙ストーリー中2編は少し明るい感じの展開だったので、いろいろ展開を変えた方が話にメリハリがついてよいような気もしまして。なお、高校編に入ると、またこれまでとは全く違った展開になります。

お多福えっ!緘黙ストーリーは、やはり高校編にも続くのですか!?


若侍4月から高校編を書こうかなと考えているところですが、はっきり決めたわけではありません。


■ 虎子さんの娘さん

お多福今年のインタビューはこれでお終いです。富条さん、ありがとうございました。ところで富条さん、実は今日、7歳の娘・干支美(えとみ)を連れて来てるんです。

若侍ええっ!虎子さんに娘さんがいらしたんですか!?知りませんでした。あっ、きみが干支美ちゃんだね。はじめまして。明けましておめでと~。

お多福……………


お多福実はうちの子、緘黙なんです。そもそも私が場面緘黙症Journal を見始めたのも、うちの子をなんとか助けてやりたいという思いからだったんですよ。


若侍え~!そうだったんですか!干支美ちゃん、表情は豊かなのに……。


お多福というわけで、富条さん、私たちは帰ります。ごきげんよう。


若侍さようなら。干支美ちゃんも元気でね~。


お多福……………(お年玉、もらえると思ったのに)