英緘黙支援団体代表に、大英帝国勲章

2010年01月01日(金曜日)

場面緘黙へのアプローチ―家庭と学校での取り組み(DVD付)イギリスの緘黙支援団体・SMIRA(Selective Mutism Information & Research Association)代表の Alice Sluckin(アリス・スルーキン)氏が、大英帝国四等勲士(OBE)を受章することが明らかになりました。イギリス政府のウェブサイト Directgov で31日公開された受章者リストに同氏の名前が掲載されたほか、イギリスのメディアが報じています。

Alice Sluckin 氏は、『場面緘黙へのアプローチ』の本やDVDに登場する、あの方です。長年にわたって、場面緘黙症の子どもやその家族の支援に携わってきました。先日このブログでご紹介した、行動療法の効果を比較したイギリスの研究にも、同氏が深く関わっています。

Directgov では、Sluckin 氏は "Chair, Selective Mutism Information and Research Association" という肩書きで記されており、受章理由には "For services to Children and Families" とあります。同氏の場面緘黙症に関する支援活動が高く評価され、今回の受章に至ったと見て間違いなさそうです。

この大英帝国勲章というもの、学のない私にはよく分からないのですが、これまで様々な人が受章していて、受章者数も多いようです。今回 Sluckin 氏が受章する大英帝国四等勲士(OBE)だと、過去の受章者に、サッカーの David Beckham(デビッド・ベッカム)選手もいます。Sluckin 氏も、バッキンガム宮殿でエリザベス女王から勲章を授与されるのでしょうか。

いずれにせよ、大きなニュースだろうと思います。

Alice Sluckin 氏の受章をお祝い致します。