場面緘黙児の親の会、自助グループについて

2010年02月23日(火曜日)

2006年6月10日に「場面緘黙児の親の会、自助グループはありません!」という記事をこのブログで公開しました。昔に書いた奥の方にある記事なので、今やご覧くださる方はあまりいないようなのですが、現在でも拍手をいただくことがあります。

しかし、この記事の情報は古いです。そこで、新たにその続編の記事を書くことにしました。過去の記事には、この記事へのリンクを貼り、こちらを読んでくださるように呼びかけています。

なお、このブログに限ったことではないのですが、インターネットの情報を見るときは、その情報が公開された日や最終更新日に注意することをおすすめします。

■ 場面緘黙症の支援団体

親の会や自助グループとは少し違うのですが、場面緘黙症の支援団体がその後日本にもできました。いずれの団体にも保護者や当事者の方たちが多数会員登録しています。ネット上の交流だけでなく、会員同士がじかに会って交流する試みも行われているようです。

※ 各団体へのウェブサイトへのリンクです。

◇ かんもくの会-日本へ最新の緘黙症治療法をもたらす会
新しいウィンドウで開く

◇ かんもくネット ~場面緘黙児支援のための情報交換ネットワーク団体~
新しいウィンドウで開く

■ インターネット上の交流

そのほか、インターネット上でも様々な交流があります。一般の掲示板(例。場面緘黙症Journal 掲示板)はもちろん、ソーシャルネットワーキングサイトでもコミュニティが作られるなど、活発な意見交換が行われています。