[緘黙] 中学時代のまとめ [ストーリー]

2010年03月27日(土曜日)

これまで「緘黙ストーリー」と題し、場面緘黙症(自己診断ですが)とともに歩んだ私の少年時代を57回にわたって連載してきました。今回は、そのうち中学時代を扱った第28話~第57話について総括を行いたいと思います。

今回もちゃっかり話数に入れて、中学生編の第31回、通算第58話にします。

前回の話⇒こちら / 緘黙ストーリーの目次⇒こちら

* * * * * * * * * *

■ 緘黙症状について

◇ 場面緘黙症を知っていたか?

私は中学生になってもなお、場面緘黙症のことは知りませんでした。自分が学校に行くと話せなくなるのは性格の問題と、相変わらず考えていました。

先生も、緘黙をご存知だったかは疑問です。私の親も知らない様子でした。

このため、専門機関にもかかっていませんでした。

◇ 私の緘黙の程度

私の緘黙の程度は、小学校の頃に比べれば良くなっていたようです。例えば、中2の初日の朝礼で、トイレに行きたいと申し出ることができたり、卒業アルバムの写真撮影でぎこちないながらも笑うことができたりしています。人によっては、治ったと見る人もいるかもしれません(何をもって「治った」とするかは問題ですが)。ただ、学校での私の無口・内気の程度は相変わらず極端で、私ほど極端な生徒は、少なくとも私の周辺にはいませんでした。当時の私の実感は、緘黙は改善してきているけれども、改善のスピードは非常に遅い、というものでした。

どうして緘黙症状が軽快したのかは、いまだに分かりません。強いて言えば、私は以前より国語の本読みなど、どうしても発言が必要な場面では小声で声を出すこともできないまでもなかったので、そうしたことを続けるうちに、少しずつ話せるようになっていったのかもしれないと思います。ですが、確証はありません。

◇ 緘黙を治すための努力?

当時の私は、緘黙を治すことよりも勉強の方が大事と考え、学業に一番の重点を置いた学校生活を送っていました。緘黙を治すための具体的な方法も皆目分からず、「スポーツを通じて心身(特に根性)を鍛えれば、良くなるのでは」など、間違ったことばかり考えていました。この意味で、緘黙を治すための努力は足りなかったと思います。

* * * * * * * * * *

■ 私自身について

先ほどお話したように、中学時代の私は、学業中心の生活を送っていました。国社数理英といった主要科目の成績は悪くはなかったのですが、実技系の科目はてんでだめでした。部活動は、囲碁・将棋部に所属していました。

不安が強く、学校では孤立する傾向にありました。学校のきまりを極端なまでに守ろうとしたり、テストで1度でも悪い点をとると自分の将来がなくなると考えたりと、多少強迫的なところがあったかもしれません。さらに、同世代の中学生と比べて、特に社会性の面で、明らかに幼いと常々感じていました。暗いことばかりを考える少年で、中学生にして演歌のマイナーコードに魅かれました。

■ 周囲の人との関係

◇ 富条の親との関係

この頃になると、私は親とは物理的にも心理的にも、次第に距離を置くようになっていきました。中学生というのは、こういうものだろうと思います。一方、親も、私にはあまり関わらないようになっていきました。

◇ 先生との関係

中学になると、クラス担任以外にも数多くの先生と接することになりましたが、どの先生も概ね私のことを真面目で利口な生徒と見ていて(誤解もいいところですが……)、そういう接し方をされました。また、私が学校で無言でも、そのことを責めるようなことはされませんでした。先生の中には、私がクラスで孤立しないよう、特別な配慮をしてくださる方もいました。

◇ クラスメイトとの関係

クラスメイトは、私のことを真面目で頭のいい生徒と見ていました(これまた、誤解もいいところですが……)。概ね私に好意的で、私の緘黙のことにも理解がありました。おそらく「場面緘黙症」という用語を知る生徒はほとんど、あるいは全くいなかったものと思うのですが、不思議です。一部の女子生徒は、私のことを「カワイイ」と言って、とても可愛がっていました。しかし、中2、中3と進むにつれて、私をいじめる生徒(特に男子)が増えていき、私にとって学校生活は次第に苦痛になっていきました。

中学に入ってできた新たな友達は、1人もいませんでした。中1の頃は、小学校の頃の友達と同じクラスになったのですが、中2以降は彼らとクラスが離れ、周囲に友達が一人もいない状況になりました。私も私で、特に友達を作りたいとは思いませんでした。

■ 緘黙ストーリーの限界

中学時代の記録があまり残っていない、記憶にもあまり残っていない、さらに自分の筆致も及ばない、こうした事情で、緘黙とともに歩んだ私の中学時代を正確に描き切ることはできなかったと感じています。

なお、この話はあくまで「緘黙ストーリー」で、私の中学時代を「緘黙」という視点で書いたものです。昔のことを、何から何まで書いたわけではありません。このほか、様々な理由で、取り上げなかった出来事もあります。また、実際の出来事をそのまま書いてウェブ上で公開するのには問題もあると考え、内容を少し変えて書いています。

[続きの話]

◇ [緘黙] 緘黙の克服を後回しにすることを決意 [ストーリー]