The Selective Mutism Resource Manual

2010年05月25日(火曜日)

[追記(2016年11月20日)]

これは初版の情報です。2016年に発売された第2版については、こちらで取り上げています。⇒ 「英国の緘黙支援のバイブル」第2版出版、全581ページ!


The Selective Mutism Resource Manualイギリスでは緘黙児支援のバイブルとされているという The Selective Mutism Resource Manual をようやく読みました。この高価な本を手に入れることができたのも、みなさまが場面緘黙症Journal を通じて、本等を Amazon.co.jp で買ってくださったおかげです。

内容は、主に専門家を対象に、緘黙の子を評価、支援するための具体的な方法をまとめたものです。行動療法をもとにした支援技法が中心で、かなり実践的な内容です。ですが、平易な文章で実に分かりやすく書かれてあり、(英語圏の)保護者も苦なく読めそうです。

本は300ページのリング製本で、サイズは大き目です。著者は、スピーチ・セラピストの Maggie Johnson 氏と Alison Wintgens 氏。特に Maggie Johnson(マギー・ジョンソン)氏は、『場面緘黙へのアプローチ』のDVDほか、イギリスで緘黙児支援の情報に接すると、現在でもよくお名前を見かける方です。

この本を読んだ第一印象は、「Helping Your Child With Selective Mutism(邦訳『場面緘黙児への支援』)に似ている!」でした。Helping 本も、行動療法により緘黙を克服するための具体的な技法を分かりやすくまとめた実践的な本です。Resource Manual は主に専門家を対象とした本であるのに対し、Helping 本は保護者を対象としている点に違いがあります。しかし、今回の Resource Manual は Helping 本より4年も早い2001年に出ています。2001年段階で、緘黙児の支援技法がこれだけ体系的に、しかも具体的にまとめられていたとは私には驚きでした(同時に不勉強も感じました)。

Resource Manual も Helping 本も支援の原理はだいたい同じなのですが、具体的な技法には違いもあります。どちらが効果的なのでしょうか。

Resource Manual が出て10年近く経ちます。今でも通用しそうな内容なのですが、この10年の間に場面緘黙症の研究は進みましたし、行動療法のノウハウの蓄積も進んだだろうと思います。この本を改訂した第2版が出ないかなと思っているのですが。