緘黙の子が主人公の短編小説(重松清)

2010年07月27日(火曜日)

青い鳥 (新潮文庫)以前このブログでも取り上げた、重松清の『青い鳥』が文庫になりました。安価で手に入るようになったので、私もようやく買って読んでみました。

同書収録の「ハンカチ」と題する短編小説は、緘黙の女子中学生を主人公とした内容です(11-56ページ)。「場面緘黙症」という言葉も、はっきりと出てきます。

読んだ感想ですが、緘黙の子の心理がよく描写されていると感じました。緘黙の子がどういったことを考えているのか、それはその子によって違うでしょうが、この本で書かれていることとだいたい同じようなことは、みな多かれ少なかれ感じたことがあるのではないかと思います。

卒業式を題材にしている点も、著者はよく勉強していると感心させられます。確かに、卒業式で声を出せるかどうか不安に感じる緘黙の子の話は聞くことがあります。

主人公が学校を冷めた目で見ているのは悲しいですが、とても共感できます。また、緘黙の生徒と吃音の教師という組み合わせは面白いです。

ただ、不満もありました。まず、主人公の緘黙の発症ですが、このようなことで緘黙になる子はあまりいないのではないかと思います。また、主人公が声を出す場面も、果たして緘黙の子がこのように声を出せるだろうかという疑問が残らないまでもありません。物語としてはこれで面白いかもしれませんが……。

このように、場面緘黙症の理解という点で不満もあるのですが、主人公の心理がよく描写されていて面白かったです。この本はよく売れているらしく、そうした本の冒頭で緘黙の話が出ているのも嬉しいところです。

「ハンカチ」を含め、『青い鳥』収録の短編はどれも重い話が多いですが、いずれも思春期に孤独な思いをしている思春期の子どもに焦点を当てた作品で、私は気に入っています。

表題作の『青い鳥』は、2008年に映画化されました(阿部寛主演)。著者の重松清は直木賞作家。