録音した自分の声を聞く

2010年08月24日(火曜日)

このブログでは、ときどき場面緘黙症の論文を取り上げています。私は専門家ではないのですが、自分自身の勉強も兼ねて。

今回はこれです。学術雑誌の "Letter to the editor" 欄に投稿されたものです。

C.H.Y. Kee, D.S.S. Fung, and L.K. Ang (2001). An electronic communication device for selective mutism. Journal of American Academy of Child and Adolescent Psychiatry, 40(4), 389.

■ 概要

6歳の場面緘黙症の少年に3年間様々なアプローチによる介入を試み、さらに、9歳時にボイスコミュニケーターと呼ばれる電子通信機器を用いることによって、発話できる範囲を広げることに成功した事例です。シンガポールの研究。

■ 所感・所見

◇ 録音・再生機器ボイスコミュニケーター

ボイスコミュニケーターという機器を使って発話を促した点が、今回の研究のポイントです。今日では比較的知られた方法ですが、この研究が載るまでは、こうした緘黙症児介入の事例は学術雑誌の類には報告されていなかったようです。

このボイスコミュニケーターは、"Yes" "No" "Thank you" "Goodbye" といった短いメッセージを録音できるとともに、録音した音声を再生できるものです。再生した自分の声を、徐々に慣れない場所で再生して聞くようにします。

私はこれを読んで、イギリスで緘黙の子の支援に用いられている「トーキング・レイ」「トーキング・トイ(talking toys)」を思い出しました。これはオウムのぬいぐるみのような形をした録音・再生機器これは録音・再生機能のあるぬいぐるみで、『場面緘黙へのアプローチ』『場面緘黙Q&A』でも紹介されています。こうした機器を活用する狙いは、家庭など子どもが安心できる場所で録音した話し声を、学校など不安を感じる場所で再生することにより、自分が自分の声を聞くのみならず、多くの人に声を聞いてもらうことです。ただ、今回の研究では、ほとんど自分の声を聞くことのみ重点が当てられています。このあたり、どういうことなのか、私にはまだよく分かりません。

ただ、もし私が緘黙だったときに(自己診断ですが)、自分の録音した声をいきなり教室で再生などされようものなら、とても耐えられなかったことだろうと思います。再生するなら、今回の研究のように短い言葉を少しずつしてもらえると安心できたでしょうが、治療効果としてはどちらが高いのかは私には分かりません。

◇ 3年かかった

今回の研究では、特にボイスコミュニケーターを使ってから緘黙状態が大きく改善されたようですが、ここまで到達するのに3年かかっています。緘黙の子の支援には根気強さが要求される場合もあると、改めて感じました。

◇ シンガポールの研究

今回はシンガポールの研究でしたが、少なくとも英語圏の学術雑誌で、シンガポールの緘黙研究を見かけるのは珍しいです。今回の研究を読む限りでは、シンガポールだからといって何か緘黙の対応で特別なことがあるといった印象はありません。

シンガポールについては、オンライン上でも以前より場面緘黙症のコミュニティがあり、今回の研究の著者のお一人 Daniel Fung 氏が、緘黙サイトを運営されたりもしています。

[追記]

トーキング・トイについて、訂正しました。失礼致しました。ご指摘ありがとうございました。(2010年8月26日)