アクセスの多い記事「インクルーシブ教育」

2010年08月30日(月曜日)

この場面緘黙症Journal ブログには、検索エンジンからアクセスされる方も多いです。

そこで問題です。このブログ(PC版)の検索エンジン経由のアクセスのうち、何のキーワードでのアクセスが最も多いでしょうか?場面緘黙症のブログですから、「場面緘黙症」「緘黙」でしょうか。それとも別のキーワードでしょうか?







正解は、「インクルーシブ教育」です。

アクセス解析「忍者ツール」によると、過去4ヶ月のこのブログ来訪者の検索キーワードのうち、最も多い7.8%が「インクルーシブ教育」です。特に Google で検索して来られる方が目立ちます。ちなみに、2番目に多いキーワードは「インクルーシブ教育とは」で、7.3%。3位が「場面緘黙症」ですが、3.1%にすぎません(悲しい……)。

私は2008年5月29日に「インクルーシブ教育」と題する記事を書いたのですが、この記事にアクセスが集中しています。

上記インクルーシブ教育に関する記事には、ここのところブログ拍手もたくさんいただいています。2010年8月29日現在では、過去30日にいただいた拍手のうち、最も拍手数が多い記事の一つが「インクルーシブ教育」でした(7拍手)。2年以上の前の記事がこれだけ拍手をいただくのは、極めて異例のことです。他にも、「[緘黙] 大学に行って4年間緘黙が治るまで待つ [ストーリー]」にも同数の拍手をいただいているのですが、これは最近になって公開した記事です。

どうしてこのようなことが起きているのでしょうか。おそらく、インクルーシブ教育に関心を持った方がたくさんいらして、インターネットで検索されるのですが、ネット上にはインクルーシブ教育について触れたウェブサイトが他に少ないからでしょう。