場面緘黙症の新三分類

2010年09月28日(火曜日)

このブログでは、ときどき場面緘黙症の論文を取り上げています。私は専門家ではないのですが、自分自身の勉強も兼ねて。

今回の論文はこれです。

Cohan, S.L., Chavira, D.A., Shipon-Blum, E., Hitchcock, C., Roesch, S.C., Stein, M.B. (2008). Refining the classification of children with selective mutism: a latent profile analysis. Journal of clinical child and adolescent psychology, 37(4), 770-784. doi: 10.1080/15374410802359759.

■ 概要

アメリカの研究です。場面緘黙症児130人を様々な側面から評価し、その上で、緘黙症児を分類しています。 anxious-mildly oppositional group(不安-軽度反抗群)、anxious-communication delayed group(不安-コミュニケーション遅滞群)、exclusively anxious group(排他的不安群;問題行動やコミュニケーション遅滞はなく、社会不安のみの群) の三分類です。また、評価結果から、緘黙について考察を行っています。

■ 所感・所見

分類については、その方法が技術的で私には難解でした。潜在プロフィール分析というものにより計量的な方法で分類を行ったことはなんとか分かったのですが。

研究のために集めた場面緘黙症児130人という人数は、不十分なものの、この種の研究としては最大規模であり、特筆すべきです。これは、アメリカに場面緘黙症の支援団体があることが大きいです。この団体が、緘黙の子を持つ多くの保護者に研究への協力を呼びかけたのです。研究の対象となる緘黙症児を集めるのに支援団体の協力を得たという例は、海外ではほかにもあります(日本ではこうした例があるのかどうか知りません)。支援団体が緘黙の研究の一助になり得ることを示しています。

また、場面緘黙症児の反抗的とされる行動についても、新たな科学的根拠を提供し、よく考察しています。

今回の研究で示された三分類自体はまだ一般的でなく、引用されることも少ないのですが、場面緘黙症児130人の評価結果は引用されます。その結果の中には、これまでの調査結果とは相容れないものも含まれています。場面緘黙症にはまだ研究者の間でも見解の一致が見られない論点があり、研究は続きます。