日本の緘黙支援団体の活動成果が、雑誌に引用

2010年10月24日(日曜日)

児童心理 2010年 11月号 [雑誌]金子書房から出ている雑誌『児童心理』2010年11月号に、緘黙のことが書かれてあります。

大手門学院大学の中村このゆ教授による、「場面緘黙の子への援助」(91-95ページ)です。

その内容ですが、自己効力感という観点で書かれている点が特徴です。これは、今月号の『児童心理』が「自己効力感を育てる」をテーマに特集を組んでいる関係からでしょう。

私が特に興味深いと感じたのは、かんもくネットやかんもくの会といった、日本の緘黙支援団体の活動成果が、この小論の中に何度も引用されていることです。具体的には、『場面緘黙Q&A』やかんもくネットホームページ、さらには邦訳された『場面緘黙児への支援』や、緘黙シンポジウムの報告まで引用文献として挙げられています。全引用文献7件のうち4件は、緘黙支援団体関係のものです。

これらの多くは、過去にも専門家向け雑誌や学術雑誌で引用されたことはあります。しかし、これだけまとまって引用された例は、少なくとも私は見たことがありません。特に、緘黙シンポジウムの報告の引用は、少なくとも私は始めて見ました。

このほかにも、「選択性緘黙」ではなく「場面緘黙」という用語を採用するなど、緘黙支援団体の活動が反映されています。

『児童心理』は、大きめの書店であれば店頭に置いてある場合があります。中には、バックナンバーを置いてある書店もあります。また、インターネットででも購入できます。

この雑誌は、緘黙をたまに取り上げることがあり、私は少し注目しています。2004年7月には、『場面緘黙児の心理と指導』でお馴染みの河井英子武蔵丘短期大学教授が「言葉を出しにくい子--吃音・緘黙など」と題し、緘黙について数ページでまとめています。