場面緘黙症は「障害」か

2010年11月23日(火曜日)

場面緘黙症は障害だとかそうでないとか、こうした議論を時々インターネット上で目にします。

いったいどういうものを障害と呼ぶかは、専門的な内容を含む話です。私は専門家ではないのでこの議論に首をつっこむことは避けてきたのですが、こうした話を見かけることが稀ではなくなってきているので、ここで一つ私なりの理解を少しお話します(あくまで、私なりの理解です)。

■ 「障害」には色々な意味がある

実は、「障害」という言葉は多義的です。「身体障害者」という場合の「障害」と、「場面緘黙症は情緒障害」「場面緘黙症は不安障害か」などという場合の「障害」とは、意味が違います。どういう背景でこの言葉が使われるかによっても、意味が変わってきます。

■ 英語では色々な言い方があるが、日本語では全て「障害」

英語で言えば、「インペアメント」(impairment)「ディスアビリティ」(disability)「ハンディキャップ」(handicap)などそれぞれ意味の違う言葉があるのですが、これを日本語に訳そうとすれば、どれも「障害」になり得ます。逆に言えば、日本語で言う「障害」には、「インペアメント」「ディスアビリティ」「ハンディキャップ」など様々な意味が含まれているわけです。

英語圏では、場面緘黙症は「ディスオーダー」(disorder)とされることが多いです。これも日本では普通「障害」と訳されるのですが、多くの日本人が「障害」という言葉から抱きそうな深刻なニュアンスはありません。福島学院大学の星野仁彦教授は、「日本語では『障害』と訳されるこの言葉ですが、本来の意味はもっと軽く、軽度のハンディキャップといったところでしょうか」と解説しています(星野, 2006)。また、一橋大学の宮地尚子教授によると、「disorderとは特定の理論的背景をもたないことを旨とした状態像診断であり、『病態』『望ましくない状態』という程度の意味しかない」のだそうです(宮地, 2003)。ときどき、パニック障害を「パニックディスオーダー」と横文字で表記する人がいますが、ここで言うディスオーダーもこの意味です。

■ むすび

日本語で言う「障害」には様々な意味があり、これが混乱の原因の一つになっているように感じます。場面緘黙症は確かに一つの「障害」なのかもしれません。ですがその意味は、英語で言えばディスオーダーぐらいの意味ではないかと思います。

[文献]

◇ 星野仁彦(2006)気づいて! こどものこころのSOS. ヴォイス. Retrieved from http://www.google.co.jp/search?tbs=bks:1&tbo=p&q=isbn:4899760817&num=100.
◇ 宮地尚子(2003)精神医療と日本文化:「失調」と「障害」についての一考察. こころの科学, 103, 106-111. Retrieved from http://www.soc.hit-u.ac.jp/ISGI/staff/myjp/kokoro.pdf