『児童心理』2011年3月号

2011年02月23日(水曜日)

児童心理 2011年 03月号 [雑誌]金子書房の月刊誌『児童心理』今月号(2011年3月号)に、緘黙を主題とした記事が掲載されています。

「学校でうまくいかない子の人間関係 学校で話せない子--場面緘黙の子が抱える困難」という記事です(56-62ページ)。著者は、かんもくネット代表の角田圭子氏。短いページ数ですが、さすがに専門家とあって密度の濃い内容だと感じました。

今回の小論の特徴の一つとして、広汎性発達障害(PDD, Pervasive Developmental Disorder)との鑑別という、最近の国内での緘黙研究で取り上げられている問題について、ある程度紙幅が割かれていることが挙げられます。こうした新しい話題提供があるため、過去に同誌で緘黙の記事を読んだという人でも、新たに得るところのある内容になっています。場面緘黙症というと、英語圏の研究が進んでいるからということで、海外の文献やその翻訳版にばかりつい手にとってしまいたくもなりますが、国内の事情に即した研究もやはり重要で、双方の研究に熟知した著者の見解は興味深いです。

今回の記事の掲載は、とても意義深いと私は考えています。それは第一に、場面緘黙症はその症状ゆえ学校での対応が重要ですが、『児童心理』は、教師の間で読まれているからです。第二に、なにより、国内の緘黙支援団体(それもインターネット発の)による論考が、このような雑誌に掲載されたからです。

金子書房の『児童心理』はやや専門的な内容を含む雑誌ですが、少し大きめの書店であれば、店頭でも置いてあることがあります。通信販売でも買えます。同誌は何十年も前より、頻度こそ高くはないものの、緘黙を取り上げています。

※ 国立情報学研究所が提供するサイト「CiNii」で確認できる、『児童心理』の緘黙の取り扱い状況
新しいウィンドウで開く

※ 追記。誤字があったので訂正しました。2011年2月23日。