大学が緘黙学生を支援した例

2011年03月29日(火曜日)

日本学生支援機構が主宰する「障害学生支援についての教職員研修プログラム開発事業検討委員会」が、『障害学生修学支援事例集』という教職員向け資料をまとめ、平成21年3月に刊行しました。

この資料の中で、緘黙の大学生を支援した事例が3例紹介されています。261ページと279ページです。

http://www.jasso.go.jp/tokubetsu_shien/documents/daigaku06.pdf
新しいウィンドウで開く

↑ PDFファイルです(866KB)。PDFを閲覧するにはAcrobat Readerが必要です。Acrobat Readerはこちら(新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。

なお、上の報告書の他の部分は、次のページ内「6.障害学生修学支援事例集」からダウンロードできます。

http://www.jasso.go.jp/tokubetsu_shien/kentouiinkai.html#zirei
新しいウィンドウで開く

場面緘黙症の大学生としては、こうした支援を受けられると助かるでしょう。ただ、このような支援を受けていない学生、あるいは受けずに学生生活を送ったという人は多いだろうと思います。ここで紹介されている事例は、一体どういう経緯でこうした支援を受けることができたのか、気になります。

この資料からはまた、場面緘黙症により学業に支障をきたしている人は、大学生にもいることが分かります。場面緘黙症は、幼稚園児や小学生だけの問題ではありません。

※ JASSOへのリンクについて

ここで取り上げた『障害学生修学支援事例集』は、独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)内のものです。同サイトによると、「JASSOサイトのホームページ(http://www.jasso.go.jp)へのリンクは、ご自由に設定ください。その他のコンテンツは、予告なく削除、修正およびURLが変更される可能性があります」とのことですが、ここではアクセスのしやすさを優先して、トップページではなく、敢えてサイト内の pdf ファイルにリンクを貼っています。