反省記事。緘黙のメディア掲載はゴールではない

2011年04月26日(火曜日)

場面緘黙症がメディアに取り上げられただけで、舞い上がって満足してしまう--

私の悪い癖です。

■ 緘黙のメディア掲載は手段であり、それ自身が目的ではない

目的と手段を取り違えてはいけません。緘黙をメディアに取り上げてもらうのは、あくまで手段にすぎません。緘黙の認知度を上げること、さらにそのことによって、より多くの緘黙の子を救うこと、これこそが目的のはずです。

多少舞い上がるのもよいかもしれません。ですが、満足しきってはいけません。新聞で緘黙のことを知った、緘黙の子への接し方を改めた、支援を始めた、緘黙の子が救われた、こうした事実を確認して、初めて本当に満足するべきです。

※ といっても、別に私がメディアに緘黙を扱ってもらうよう、働きかけているわけではないのですが……。

緘黙が新聞に載るなどしただけで満足してしまうのは、それが分かりやすいからでしょう。特に、国内外の緘黙支援団体が掲載に関わると、ウェブサイトでそのことを紹介したり、場合によっては該当記事へのリンクを張ったり、記事そのものをサイトに転載したりもします。これは分かりやすいので、私などはそれだけで喜んでしまいます。ですが、その記事をきっかけに、緘黙の認知度がどの程度上がったかや、特に、どのぐらいの数の緘黙の子が救われたかは、私にははっきり分からないので忘れてしまいます。

(反省記事、ここまで読んでくださり、ありがとうございました)

■ 目的達成(認知度向上など)の程度を評価する

ところで、メディア掲載という手段により、緘黙の認知度向上などといった目的がどの程度達成できたかを確認する方法は、実はないことはありません。

たとえば、新聞に緘黙が掲載されたのをきっかけに、掲載に関わった支援団体に問い合わせが来ることがあるらしいです。それによって、どの程度の反響があったかを確認できます(私はどの団体のメンバーでもないので、確認しようがないのですが)。

私などは、緘黙が国内の新聞に載ったら、場面緘黙症Journal(SMJ)のアクセス解析を見ます。SMJへの訪問者数(特に、検索エンジン経由での訪問者数)がいつもより明らかに増えていると、きっと新聞を読んで緘黙のことを検索し、このサイトに来てくださる方が増えたんだろう、つまり反響があったのだろうと推測できます。

場面緘黙症の長期的な認知度の推移を知る手がかりの一つとして、私は Google Insights for Search というサイトを利用することがあります。これは「世の中の検索トレンドを徹底分析」する無料サービスです。もし「緘黙」「かんもく」などと検索する人が年々増えていると、それは認知度が上がったことを意味するのかもしれません。それで、実際はどうかと言うと……これを見ると、緘黙が一度や二度新聞に載っても、簡単には舞い上がる気分になれなくなります。

[関連サイト]

◇ Google Insights for Search新しいウィンドウで開く