緘黙のセミナーをネットで(英語で)

2011年06月28日(火曜日)

場面緘黙症に関する国内外の情報をインターネットで集めていますが、日本のユーザーと英語圏のユーザーとでは、インターネットの使い方が違うと感じます。

例えば、ソーシャル・ネットワーキング・サイト Facebook は、海外で人気のあるサイトですが(日本でもここにきて注目され始めましたが)、緘黙に関心のある英語圏の人たちもよく利用しています。たとえば、アメリカ最大の緘黙支援団体 Selective Mutism Group は、同団体ウェブサイトに設置していたフォーラム(掲示板のようなもの)を廃止したのですが、その代わり?に、現在 Facebook で交流の場を設けています。そのほか、Facebook では様々な交流が行われています。

ですが、実名制の Facebook は、日本語では緘黙についての話題はほとんど出ていません。日本では、mixi による匿名での交流が盛んです。

英語圏ではまた、個人で緘黙に関する動画を作成し、YouTube のような動画投稿サイトで公開することが比較的よく行われています。その一方で、緘黙の個人ブログを公開する動きは、日本ほど広まっていません。ミニブログ Twitter にしても、英語圏で緘黙に関心のある人は、日本に比べるとさほど使っていない印象です。

* * * * * * * * * *

どうしてこのような違いがあるのかはよく分からないのですが、どちらがいいとか悪いとかは、特に思いません。

ただ、一つだけここは英語圏の方が羨ましいなと感じるところがあります。それは、場面緘黙症のセミナーにインターネットで参加できたり、過去のセミナーを見たり聴いたりできることです。

日本はそこまで国土が広くないので、アメリカなどに比べればウェビナー(ウェブのセミナー)やウェブキャストのありがたみはないかもしれませんが、こうした選択肢もあるのは便利そうです。

特に 動画サイト USTREAM や Apple社の iTunes Store では、過去に行われたセミナーの内容が、現在のところ無料で閲覧したりダウンロードしたりできるようになっています。iPod にセミナーの音声を取り込むこともできます。数はそれほど多くはないものの、これは役立ちます。もっとも、私はこれを聴いてみたものの、英語をなかなか聴き取ることができませんでしたが……。