モデルになった緘黙少女(英)

2011年07月26日(火曜日)

イギリスのニュースサイトに、場面緘黙症だった少女(12)がモデルになったという話が掲載されました。テレビで美人コンテストを見ていたところ、自分もぜひやってみたいと言い出し、参加したのがモデルになるきっかけだったそうです。この少女は、これをきっかけに緘黙を克服したようです。

これは明るいニュースです。特に、自分がやりたいと思ったものに挑戦して、その過程で緘黙を克服できたというのが面白いと感じます。

ただ、紙面の都合ゆえか、記事の書き方がややあっさりしています。このため、私などには疑問がたくさんわいてきます。例えば、この少女が美人コンテストに参加したいと考えた動機です。本当にモデルに魅せられただけなのでしょうか。私の考えすぎかもしれませんが、緘黙の子が自らコンテストに参加しようとするのはよほどのことでしょうから、それだけに深く考えてしまいます。

また、親御さんについても、もう少し知りたかったです。特に、緘黙の娘さんが美人コンテストに参加したり、モデル事務所と契約したりする際、どういうことを考えていたのでしょうか。

それから、緘黙の少女がモデルになるまでに、どれだけの苦悩、努力、葛藤があったのかも気になります。それとも、そうしたことはあまりなく、ただ面白さだけで続けていたところ、いつの間にか緘黙を克服し、トップレベルのモデル事務所と契約するほどになっていたということなのでしょうか。

なんにせよ、興味をひかれる明るいニュースです。

最後に、記事の中で場面緘黙症が Selective mutism is a disorder affecting both children and adults, but mostly children. と解説されているのが目にとまりました。訳すと、「場面緘黙症は子どもと大人の双方を冒す障害ですが、ほとんどの場合子どもに影響を及ぼしています」といったところでしょうか(訳が下手でスミマセン)。場面緘黙症は子どもだけでなく、大人にもあるということがはっきりと書かれています。

[文献]

◇ Shy schoolgirl overcomes selective mutism to land modelling contract. (2011, July 16). Walesonline.co.uk Retrieved from http://www.walesonline.co.uk/news/wales-news/2011/07/16/shy-schoolgirl-overcomes-selective-mutism-to-land-modelling-contract-91466-29062727/

◇ Morgan, T. (2011, July 16). 'Too shy to takl' girl who is now a big noise as a model. Express.co.uk Retrieved from
http://www.express.co.uk/posts/view/259099/-Too-shy-to-talk-girl-who-is-now-a-big-noise-as-a-model