「教職員のための子どもの健康相談及び保健指導の手引」

2011年10月25日(火曜日)

2011年(平成23年)8月、つまり今年の8月に、文部科学省が「教職員のための子どもの健康相談及び保健指導の手引」というものを出しました。この手引の、保健室登校・不登校の解説の中で、場面緘黙症のことが触れられています。

↓ 文科省ホームページへのリンクです。111ページ(最後の方)に、緘黙について言及があります。PDFファイル(1.34MB)。PDFを閲覧するにはAcrobat Readerが必要です。Acrobat Readerはこちら(新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。

教職員のための子どもの健康相談及び保健指導の手引
新しいウィンドウで開く

↓ こちらは、文科省ホームページ、手引についての案内ページです。手引作成の背景や目次等がまとめられています。

教職員のための子どもの健康相談及び保健指導の手引
新しいウィンドウで開く

これより2年半ほど前の2009(平成21)年3月にも、「教職員のための子どもの健康観察の方法と問題への対応」という似たような手引が文科省から出ているのですが、その全85ページの中で、緘黙について2ページほど割かれて解説されていました。今回は全112ページ中で1~3行程度と、以前のものに比べるとかなり控えめです。

不登校との関連が指摘されているのは、前回と同様です。この2つの手引を見ると、緘黙を背景とした不登校が、かなり意識されていると感じます。もちろんそれも大事ですが、不登校にならない緘黙にも注意が向けられて欲しいと思います。

[関連記事]

↓ 2009(平成21)年3月に出た「教職員のための子どもの健康観察の方法と問題への対応」などについて書いています。

◇ 文科省作成の教職員用資料に、緘黙が
新しいウィンドウで開く