ドイツの緘黙専門雑誌

2011年11月24日(木曜日)

ドイツには、緘黙症専門の雑誌があります。

↓ 注意:ドイツ語です。
雑誌のウェブサイトへのリンク新しいウィンドウで開く

雑誌のタイトルは、Mutismus.de -Fachzeitschrift für Mutismus-Therapie, Mutismus-Forschung und Selbsthilfe- と言います。日本語に訳すと(自信がないのですが)、Mutismus.de -緘黙の治療研究、セルフヘルプの雑誌-といったところでしょうか。

ドイツには Mutismus Selbsthilfe Deutschland e.V. という緘黙の支援団体があるのですが、その団体が発行しています。Mutismus.de という雑誌名も、同団体のウェブサイトのURLからとったものと見られます。また雑誌には、赤い楕円を背景に、人がMの字を引き裂いているようなイラストがありますが、これも支援団体のシンボルマークと同じものです。

発行頻度は年2回で、毎年4月と10月です(ひょっとしたら、多少ずれがあるかもしれません)。第1号は2009年4月のものです。最新号は第6号です。

同誌は、ドイツ語圏、ヨーロッパでは初の緘黙雑誌であると銘打っています。ですが、少なくとも私は、ヨーロッパ以外でも緘黙専門の雑誌が発行されたという話は聞いたことがありません(ニュースレター、メールマガジンの類は除く)。

この雑誌は、先の緘黙支援団体の会員でなくても購入できるようなのですが、残念ながら日本への発送は行っていません。

私も中身を読んだことがない雑誌ですが、上記ウェブサイトから窺うに、記事の執筆者には Boris Hartmann 氏のような専門家や緘黙児の保護者、経験者など、緘黙症に関係する様々な人が名前を連ねているようです。

ドイツは緘黙の大きな支援団体があったり、専門家がいたり、本が何冊も出版されたり、メディアでも結構大きく取り上げられたりと、緘黙児・者支援が充実している国の一つです。