緘黙・2011年の十大ニュース

2011年12月24日(土曜日)

私の独断と偏見で選ぶ、緘黙関係の2011年の十大ニュースです。繰り返しますが、私の独断と偏見によるものです。なお、過去にこのブログで記事にしたものについては、該当記事へのリンクも貼っています。

[第十位 緘黙経験者がモデルになったニュース(英)]

7月、緘黙だった少女(12)がモデルになったという話がイギリスのニュースサイトに掲載されました。なんでも、名のあるモデル事務所に所属されているそうです。この方はモデルになろうとしたのがきっかけで、緘黙を克服されています。

↓ こんな方です。可愛くて綺麗!
Tamzeng 2011 Winner
新しいウィンドウで開く

※ ブログ記事・モデルになった緘黙少女(英)
新しいウィンドウで開く

[第九位 教職員のための手引に、緘黙が]

8月、文部科学省が「教職員のための子どもの健康相談及び保健指導の手引」を出しました。この手引の、保健室登校・不登校の解説の中で、場面緘黙症のことが触れられています。2ページほどです。問題は、どれだけの教職員がこの箇所を読み、実際の児童生徒指導の中で生かすかですが、どうでしょうか。

※ ブログ記事・「教職員のための子どもの健康相談及び保健指導の手引」
新しいウィンドウで開く

[第八位 『児童心理』2011年3月号に、緘黙が]

金子書房『児童心理』にはときどき緘黙に関する記事が出るのですが、今年の3月号には、かんもくネットの角田圭子代表による「学校でうまくいかない子の人間関係 学校で話せない子--場面緘黙の子が抱える困難」(56-62ページ)という記事が掲載されました。広汎性発達障害との鑑別という、最近の国内での緘黙研究の話題についても書かれてあります。

※ ブログ記事・『児童心理』2011年3月号
新しいウィンドウで開く

[第七位 『心理臨床学研究』第28巻第6号に、緘黙のレビュー論文]

「場面緘黙研究の概観--近年の概念と成因論」(811-821ページ)。これも、角田圭子氏によるものです。『心理臨床学研究』は、日本心理臨床学会の学会誌です。

[第六位 米ABCニュースの報道番組Nightlineで緘黙が紹介]

Nightlineは有名な報道番組です。惜しむらくは、放送日によっては NHK BS1 で日本語通訳付きで放送されるところが、今回の緘黙の話についてはどうも放送されなかったらしいことです。日本でも緘黙がテレビで紹介されるということには、なりませんでした。ですが、大きなニュースです。

※ ブログ記事・ABCニュースNightlineで、緘黙が
新しいウィンドウで開く

* * * * * * * * * *

[第五位 絵本『なっちゃんの声』発売]

緘黙を理解するための絵本が1月に発売されました。増刷があるなど、売れ行きは好調のようです。緘黙の本はこれまでにも何冊か出ていますが、今回は絵本で、これまでとは違ったタイプの本です。対象読者層も違います。

※ ブログ記事・緘黙の絵本『なっちゃんの声』
新しいウィンドウで開く

[第四位 東日本大震災、避難所生活を強いられた緘黙児も?]

震災により、避難所生活を強いられた緘黙児もいたことだろうと思います。ですが、避難所では、家庭と家庭外の区別がほとんどないはずです。緘黙の子は避難所では全く話せなかったのか、どういう思いをしたのか、サポートする人はいたのか等々、気になるところです。

[第三位 SMQ-R (場面緘黙質問票)日本語版が公開]

知る人ぞ知る Selective Mutism Questionnaire の日本版が、10月、かんもくネットさんより公開されました。緘黙の症状の程度を測る尺度として海外で開発され、用いられてきたものです。公開当日、私はついに日本版が出たか!と勝手に興奮していました。日本でもこれが使われると面白いのですが、期待を込めて三位に入れました。

[第二位 改正障害者基本法に発達障害が明記]

8月5日に改正障害者基本法が公布・施行され、この法律の対象に、発達障害が含まれることが明記されました。ここで言う発達障害には、どうやら緘黙が含まれるらしいです。医学的には、緘黙は発達障害ではないのではと思うのですが、法律上はこう扱われることがあります。

理論上は、緘黙が同法の対象とされるとして、果たしてこの法律がどう運用されるのか、まだ私には分かりません。

※ ブログ記事・改正障害者基本法で発達障害が明記。緘黙は?
新しいウィンドウで開く

[第一位 新学習指導要領完全実施、言語活動が充実]

今年度から全面実施された新学習指導要領では、言語活動を充実することとしています。言語活動といっても、「話す」「聞く」「書く」「読む」の4つの場面があるだろうと思うのですが、このうち「話す」について、緘黙の子にどういった影響があったのでしょうか。

↓ 文科省ウェブサイトへのリンクです。
言語活動の充実に関する指導事例集【小学校版】
新しいウィンドウで開く

[むすび]

今年は国内ニュースを多く入れました。このほか、私が知らない重大ニュースや、入れ忘れたニュース、今後重要性を認識するニュースがあるかもしれません。

そのほか候補に挙がったのは、青少年読書感想文コンクールの富山県代表(中学校の部)作品に緘黙の話、独テレビ局 ZDF で緘黙が紹介、緘黙に関する種々の研究、ワークショップ、講演、シンポジウムの開催などでした。やはり専門的な研究については重要性がよく分かりませんし、私が実際に参加していないワークショップの類についてもランク付けするのは難しかったです。

[関連記事]

↓ 2010年の十代ニュースです。
◇ 緘黙・今年の十大ニュース
新しいウィドウで開く