裁判を受けた場面緘黙症の青年

2012年02月21日(火曜日)

季刊 刑事弁護69号「選択性緘黙が問題となった裁判員事例」と題する論考が、『季刊刑事弁護』No.69(最新号)に掲載されました。

当初、私は題名から判断して「場面緘黙症の人が、裁判員に選ばれた話かな」と思い、Twitter でもそう書きました。ですが、違いました。正しくは、刑事裁判の被告人(起訴当時21歳)が場面緘黙症でした。記事によると、裁判所による本鑑定の結果、被告人は自閉症を有するとともに、精神遅滞および選択性緘黙(場面緘黙症)を診断されたのだそうです。

私は裁判のことはよく分からず、今回の論考について論評したり、もしくは、今回の論考の論点、つまり、裁判員裁判において訴訟能力はどのように取り扱われるべきかについて専門的な議論をしたりすることはできません。

ただ、素朴な疑問ですが、もし場面緘黙症の人が裁判員に選ばれたり、裁判の被告人になったりしたら、どうなるのだろうかということを考えました。

「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」(略称:裁判員法)の第14条は、裁判員としての欠格事由の1つに「心身の故障のため裁判員の職務の遂行に著しい支障がある者」という項目を挙げていますが、これは緘黙の人には当てはまるのでしょうか。また、辞退事由の1つに「重い疾病又は傷害により裁判所に出頭することが困難であること」などが挙げられていますが、緘黙を理由に裁判員を辞退することは、やはりできないのでしょうか。もし裁判員を務めなければならなくなった場合は、どう裁判員を務めればよいのでしょうか。

また、訴訟能力については、民事訴訟法第34条に「訴訟能力、法定代理権又は訴訟行為をするのに必要な授権を欠くときは、裁判所は、期間を定めて、その補正を命じなければならない」云々と規定されていますが、もし緘黙の人が被告人になったとき、補正が行われる見込みはどの程度あるのでしょうか。そして、今回の論考で取り上げられたように、もし緘黙であるにもかかわらず訴訟能力に問題はないと判断された場合、被告人はどこまで支障なく裁判を受けることができるのでしょうか。本当は無罪なのに、緘黙が原因で思うように防御ができず、結果的に有罪の判決が下りようものなら、たまったものではありません。

[文献]

◇ 金岡繁裕. (2012). 選択性緘黙が問題となった裁判員事例. 季刊刑事弁護, 69, 169-171.