女性コミック誌に「場面緘黙症」

2012年04月23日(月曜日)

講談社の女性コミック誌『Kiss』で連載されている「ガキのためいき」という漫画で、「場面緘黙症」が取り上げられました。2012年04月10日(火)に発売された、4/25号(No.8)です。271-278ページに収録されています。

「ガキのためいき」は、作者である沖田×華(おきたばっか)氏の自伝的ショートコミックです。主人公はアスペルガー障害を持っており、4/25号の段階では小学生です。漫画では、アスペルガー症候群の二次障害として場面緘黙症が扱われています。

今回の話で場面緘黙症を発症し、以後症状が続くのですが、「ガキのためいき」の連載も次号以降も続きます。次回の話以降も学校では無口な様子が描かれるのか、このあたりのところはまだ私には分かりません。

『Kiss』は毎月10日と25日に発売されます。次号は間もなく発売です(なのにご紹介が遅れ、すみません)。バックナンバーは、e-hon や Fujisan.co.jp などの通販サイトでも購入できるようです。注意するべきは、4/10に発売されたのが4/25号で、4/25に発売されるのが5/10号ということです。私はこれを勘違いし、間違った号を買ってしまいました。

なお、私はこの雑誌を通信販売で買いました。私のようなオッサンが、女性コミック誌を店頭で買うのは、さすがに度胸が必要とされたからです(いや、男性が女性漫画を読むのが、悪いというつもりはないのですが……)。私は Fujisan.co.jp という雑誌のオンライン書店で購入したのですが、買った商品が分からないように包装されていて、ほっとしました。

「ガキのためいき」は、4/25号で第31話を迎えました。単行本が既に2巻発売されています。