スペシャルオリンピックスに緘黙児が

2012年07月24日(火曜日)

今日もどこかでスペシャルオリンピックス―知的発達障害者たちの世界的なスポーツ活動 (感動ノンフィクション)植松二郎文、かみやしん絵『今日もどこかでスペシャルオリンピックス―知的発達障害者たちの世界的なスポーツ活動』2004年、佼成出版社という本に、緘黙の子が登場するらしいと知り、調べてきました。※

地元のこども図書館のような所で調べたのですが、あそこは子どものための場所だと思うので、私のようなオッサンが開架室で長時間本を読んだり借りたりするのは気が引け、内容を十分には確認できませんでした。というわけで、今回の記事は、いつにもまして内容が不正確かもしれません、ご注意ください。

この本は子ども向けで、スペシャルオリンピックスや知的発達障害(障がい)などについて分かりやすく解説されてありました。

本の終盤より、数年前まで、家族や特に気を許した人以外には全く口を閉ざしていたという養護学校の少女が少しだけ登場します。「緘黙児」という言葉もはっきり出てきて、症状の解説がなされています。ただ、彼女が実在の人物かどうかは、はっきり分かりませんでした。

* * * * * * * * * *

スペシャルオリンピックスに緘黙の子が参加した例は実際にあったようで、あるスペシャルオリンピックスの組織のニュースレターに、ご家族のお話が載ったのを見たことがあります。

緘黙というだけでは、スペシャルオリンピックスには参加できないのではないかと思います。スペシャルオリンピックス日本のウェブサイトによると、参加には次の2つの要件のいずれかを満たす必要があるそうです。「1 機関や専門家により知的障害があるとされている。2 標準的な知能検査により知的な遅れが確認されている」場面緘黙の症状を持った人の中には、知的な面で障害(障がい)を持った人もいるのですが、こうした人たちが参加しているのではないかと私は見ています。

緘黙の子(もしかしたら大人も?)の中には、こうした場で、自らの可能性を広げようとしている人もこれまでにいたようです。私なぞが言うのも何ですが、頑張ってほしいです。

※ この情報は、国立国語研究所とLago言語研究所が開発した NINJAL-LWP for BCCWJ というウェブサイトを通じて知りました。私のような日本語が苦手な者には便利なサイトです。

NINJAL-LWP for BCCWJ
新しいウィンドウで開く